2017年7月31日 (月)

衣裳負けしないように

きのう、玉三郎さんのディナーショーで、「ひとりぼっちのローマの泉」という歌を聞いたのです。ネットで検索すると「ひとりぼっちの愛の泉」と引っかかるのですが、玉三郎さんは「ひとりぼっちのローマの泉」と言っていたと思います。そして、そのタイトルのほうが歌の内容に相応しいように思います。世界中の恋人たちがここにやって来て、異国の言葉で愛を囁き、再び二人でここに来ようと約束する、そうして私はひとりぼっちでそれを眺めている・・・というような内容の、とても洒落た歌でした。

玉三郎さんが初めて人前で歌ったのは、およそ30年前、衣裳負けしないようにと言ってミンクの毛皮のコートを買ってくれた人のために、年末の帝国ホテルの奥の方で歌ったのが最初と仰っていました。
玉三郎さんのトークの中で「衣裳負け」という言葉を聞いて、私はこの言葉を初めて聞いたような、いや遠い昔から知っていたような、不思議な気持ちがしました。
美しい衣裳には、それに相応しい芸格が必要。
玉三郎さんは、美しい衣裳を着ることに、すごく執着心があった人だと思う。自分の稼いだお金を衣裳の製作につぎ込み、またパトロネージュしてくれる人もいたのでしょうね。私はフランコ・ゼッフィレッリ演出の豪華なオペラが好きなのですが、舞台衣裳の美しさは玉三郎さんのほうが数段上でしょう。図案、配色、織り、染め、刺繍、箔、他の興行では衣裳にあれだけの手間をかけられない。持っているお金や時間や才能をもっと別のことに使ってしまう。日本にはちょうど玉三郎さんのキャリアと重なるように「バブル経済」というものがありましたから、歴史上でも稀有な美を私は見ていたのじゃないかと思ったのです。

以前、玉三郎さんの衣裳をガラス越しながらも間近で見られる展示があって、政岡や富姫の衣裳を見た時は本当に衝撃的な美しさでした。
美しい衣裳を着るための努力と、その衣裳に見合うだけの芸を積み重ねてこられたのでしょうね・・・。

毛皮のコートを着てヴェネツィアのゴンドラに乗る感覚が飛び過ぎていて私にはよく分かりませんが~~。

玉三郎ディナーショー

坂東玉三郎「夏の宴」
~トークとディナーそして魅惑の歌声を~
帝国ホテル 東京 富士の間
17時~

◆トーク(約30分)質問コーナーあり
◆ディナー
◆ショー
【曲目】
・セ・シ・ボン
・枯葉
・人の気も知らないで
・アマリヤ
・ひとりぼっちのローマの泉
・いそしぎ
・?夜の海辺で愛を誓うというような歌だった?
・誰かが私を見つめてる
・妻へ
・バラ色の人生
・パダン・パダン
・水に流そう
―アンコール―
・夏の終りのハーモニー

玉三郎さんの初めてのディナーショーに行ってきました。300人以上集まっていましたね~。9割が女性でしたかね~。男性は、奥様のエスコートみたいな方が多かったですね。わたくし40代の男1人で行ってしまって、何だか本当に恐縮な感じでした・・・。
歌は日本語で歌われました。歌詞はご自分で訳したものもあるそうです。ピアノ、ヴァイオリン、コントラバス(?)の伴奏あり。ステージの上に星空が広がっていました。黒いスーツなのだけれど白くキラキラ光る衣裳でした。
わたくし、メモを取ったりしなくても曲目を覚えられたので上に記しておきました。(7曲目は曲名の紹介がなかったような気がするのです・・・)
トークの内容は、ディナーショーをやるようになった経緯、人前で歌うきっかけ、ご自分の声のお話がメインでした。
地球の長い歴史の上では、今はとても穏やかな時代で、あまり世の流れを悲観することもないのではないか・・・というようなことも仰っていました。

2017年7月30日 (日)

つぶやき

天気予報が、時間や場所を分けて細かく発表されるようになり、これだけ詳細に知らせるのだから当たるのだろうと思うと、全然当たらない、外れまくっている。なぜなのだろう・・・。

Yahoo!のトピックスはスポーツ新聞よりも下世話で、毎回びっくりしてしまう。こんなことがニュースになるのだろうかと思って。

私は学生のころ古文の先生になりたいと思って教員免許も取ったし教育実習にも行った。公立高校の国語の教員の採用がゼロだったので夢は叶わなかったけれど・・・。
大学は日本文学科だったから教職課程を履修している人は多かった。実際に先生になった人はいたのかな・・・。
学芸員になりたいという人も多かったですね。私は当時そういう欲望はなかったのだけれど、この年齢になってみて現在の憧れの職業というと、学芸員なんかいいよな~と思いますね。
日本には美術館がたくさんあり、それぞれに学芸員がいて、展示を企画するほかに図録の編集や講演会などを行う。優秀な学芸員って大勢いますでしょう。
日本には劇場もたくさんありますが、演劇についてきちんとした文章を書ける人が本当に少ないですね。特に伝統芸能の分野は。昔はもう少し人数がいたと思うのですが、今は数人ですよね、数人。同じ人が何度も執筆するという形でも全然かまわないとは思うのですが、みんな忙しいと言うし、原稿料も安いし、善意に頼ってばかりいられないのね。
15年前は、もう少しいたと思うんですよね。
時代の流れで、しかたがないですね。

«杉並区民オペラ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ