2017年2月18日 (土)

行き暮れて

宿かさぬ灯影(ほかげ)や雪の家つづき  蕪村

久しぶりに土日がお休みとなりました。
休んじゃっていいのかな~?などと、逆に不安になったりして・・・。
仕事ができないオッサンの仕事を押し付けられて、思えば3年間みじめな生活だった・・・。

あれは昨秋のことでございます。
私は東京在住なのですが、国立文楽劇場(大阪)の11月文楽公演を見たくて、チケットを取ってあったのです。仕事も詰まっているし、日帰りで昼夜公演を見るつもりだったのですが、前の晩に思いがけず仕事が早く終わったのです。
これは~~~、今夜のうちに大阪へ行って前泊したほうが楽。
日帰りの強行スケジュールだと、公演中に眠くなったりする可能性が高い。(おお・・・)
私ももう45歳であるし、そのくらいの贅沢は許されるのではないだろうか。
そう思って私は最終より少し前の新幹線に飛び乗った。
ホテルを予約しないまま旅に出る、というのは人生で初めての体験であったかもしれない。
近ごろ大阪のホテルが取りづらいということは承知していたのですが、まあ円安も落ち着いて海外からの旅行者も減っていると聞くし、まだ紅葉の季節でもないし、行けば何とかなるのだろうと高を括っていた。
ところが!
何度も利用したことのあるホテルに行ってみたら、満室だと断られ・・・。
次のホテル、その次のホテルでもお断り。
「ここへ行けば泊れますよ~」と教えてくれるわけでもなく・・・。
私はガラケー使用者なので、スマートに検索→予約もできず・・・。(情弱か!)
どんどん駅から離れていき、ホテル、ホテル、ホテルはどこ。
もう電車も止まっている。
このまま私は野宿することになるのだろうか?
野宿?したことないんじゃない?あったっけ?なかった?
生れて初めての野宿?どこで?
この季節にしては暖かいほうだと言っても、ちょっと厳しいんじゃないだろうか・・・。
眠れるものなのかな。
大阪の街はまだ大勢の人が歩いていて、でもみんなどこへ行くのだろう。
突然、『傾城阿波の鳴門』のおつるちゃんの声が聞こえてきたのです。
そうしてまた次のホテルを探して歩いていると、突然、平忠度の辞世の心が私にもしみじみと実感されたのでした。

行き暮れて 木(こ)の下陰(したかげ)を 宿とせば
              花や今宵の 主(あるじ)ならまし  忠度

知っていたけれど、意味を全然分かっていなかった。その歌の心が突然分かったのです。
「長く生きていることで分かる」ということが、人生にはあるものですね・・・。
名歌の心を知るというのは、人生の醍醐味でございますね。

結局、あれは何軒目のホテルだったのだろう、ウォシュレットが壊れているような安ホテルに泊まることができたのですが、「宿の事前予約」という概念がなかったであろう昔の人々は、よくもまあ長途の旅に出たものであるよと思ったことでした。(漂泊の思いやまず?)

私「今夜一泊、部屋ありますか?」
フロント「ございます」
私「(おお、主よ!!)」
注:この場合、主は「しゅ」ではなく「あるじ」とお読みください。

2017年2月15日 (水)

いつもの

数年来、見たい見たいと思い続けていた須藤慎吾さんのイヤーゴ、仕事で見られませんでした・・・。
私は見たい舞台を見るために仕事をしているので、舞台が見られなくなるなら別の仕事を探そうと思っているところです。

いただいた年賀状にお返事も書けぬまま日々が過ぎていき・・・。

見たいオペラを見逃すと、もう二度と見る機会はないのだろうか・・・?
歌舞伎の場合、もう少しチャンスが広いように思いますが・・・。
そう言えば私は文楽の『ひらかな盛衰記』を一度も見たことがないような気がする・・・。
私が初めて文楽を見たのは平成4年のことです。
文楽って、なかなかチケット取れなかったのね。
私は前のほうの席でないと見ないので。

今度、大阪で小住太夫さんが素浄瑠璃で「逆櫓」を語るのですが、これも仕事で聞きに行けないんですよねえ。
東京ではやらないらしいです。

去年、早稲田大学の大隈講堂で吉右衛門さんの講演会がありましたが、その時に列記されていた吉右衛門さんの当たり役を、私は全部見ています。
それだけでも有り難いと思わないといけませんね・・・。

早く引っ越しもしたいんですよねえ。
蛇口から濁り水が出るんです。
生活できないレベル。
でも忙しすぎて引っ越しできなかったんです。
愚痴っぽくていけませんね。

2017年1月20日 (金)

客席数

先日、国立文楽劇場の初春文楽公演を昼夜見てきたのです。
勘十郎さんの八重垣姫が素晴らしかったので、関西方面の皆さまは是非ご覧ください。

ところで国立文楽劇場の客席は傾斜がほとんどなくて舞台が見づらいですね~。
花道がある劇場って、客席にあまり勾配をつけられないんですよね。
(花道が埋もれて見えなくなってしまうから)
つまり国立文楽劇場は、文楽劇場という名前だけれど、歌舞伎も上演するために花道を付けられるようにして、客席数を多めにしたのですよね。
文楽はもっと狭いほうがいい、歌舞伎はもっと広いほうがいい、あいだを取ったのがあの客席数(753席)。
20年前に松竹座が出来て、国立文楽劇場では歌舞伎を上演しなくなった(夏の勉強会以外は)。
けれど今後は、関西で歌舞伎を上演するのは難しくなっていって、また国立文楽劇場で歌舞伎を上演することになるのではないか・・・と私は予想している。

藤原歌劇団や二期会の公演が、東京文化会館から、客席数が少なめの日生劇場へと移ってきているようです。オペラ人口がだんだん減ってきているんですね。
座付でない公演は、小さいところ、安いところへどんどん移動しているみたい。

新国立劇場が出来る時、客席数を何席にするかで、すごく揉めたんですよね。
2500席くらい欲しいと主張していた人々が負けて、1800席くらいになったわけですが、少なめにしておいて良かったですね。
2500席もあったら、スカスカな客席になっちゃいますもんね。

大劇場を埋められる公演が、どんどん少なくなってきているようですね。
時代は変わっていきますねえ。

«芝居の心

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ