« ノルマの嘘 | トップページ | 歌舞伎座 »

2006年7月 7日 (金)

メデーア

テオドッシュウ主演の『メデーア』の映像を見ました。メデーアが登場するまで「あまり面白くないかも…」と思って見ていたのですが、メデーアが出てきたら楽しめました。

テオドッシュウは、感情の変化を顔に出せる人で、手のひらの陰で表情を変えるところなど、演劇的な面白さがあります。やっぱり、うまい。

「あなたのために、こんなにしてあげたのに」という「こんなに」が超ヘヴィーですが、それでも、メデーアの怒りには納得できる部分もありますし、感情をドカン!と噴き出させる爽快感(?)を感じました。

カラスファンの私は『メデーア』の全曲版CDも持っているのですが、最初のアリアを数回聞いただけで、なかなか全曲に挑戦する気が起こりませんでした(耳に残るメロディーではないし、日本語の対訳もついていないし…)。演劇性の強いオペラだなぁと思います。本当に、メロディーが覚えられないんですよねぇ。まあ、それでも楽しめるということが分かって、良かったです。

« ノルマの嘘 | トップページ | 歌舞伎座 »

3 オペラ・映像 録音の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2083003/58128053

この記事へのトラックバック一覧です: メデーア:

« ノルマの嘘 | トップページ | 歌舞伎座 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ