« ピンカートンの嘘 | トップページ | キング・オブ・ハイF »

2006年8月 5日 (土)

世界バレエフェスティバル・A

シルヴィ・ギエムを見ると石田あゆみを思い出すふくきちでございます(似てないかな?)。今日は世界バレエフェスティバルのAプログラムを見てきました。

私はバレエや落語も好きなのですが、歌舞伎とオペラで手一杯、そこまで余裕がないのであまり見にいけません。年に数回といったところです。世界バレエフェスは初めてでした。4部構成で約5時間!正直なところ、第2部と第3部には面白くない部分もありましたが、やっぱりスゴかったです。特に《ドン・キホーテ》のヴィエングセイ・ヴァルデス&ロメル・フロメタに度肝を抜かれました。何じゃありゃ!他の若手が霞んでしまうほど、飛び抜けた技巧を備えていました。

それから、ノイマイヤーの《椿姫》、プティの《カルメン》、マクミランの《マノン》。技巧とドラマのバランスが、ちょうど私の好みでした。《椿姫》は初めて見たのですが、何て素晴らしい作品、ぜひ全曲を見てみたいです。

キリアンの《扉は必ず…》は、笑いそうになるのをこらえながら見ていました。あれって、笑っちゃ駄目な作品なのでしょうか。一応こらえておきましたが…。

ギエムの《TWO》は、光の当たる手先がキラキラして面白かったのですが、こういうリズム主体の作品は、私はそれほど好きでないかも。それはル・リッシュの作品も同様。(どうでもいいですが、リッシュは顔つきがちょっと恐かったです。)

新しい作品は、クラシカルな曲を使用するか、またはリズム主体か、どちらかになってしまうみたいですね。美しいメロディーはもう生まれないのかなぁ。

Bプログラムも見たくなって、帰りがけにチケットを買ってしまいました。良い席は残っていませんでしたが…。平日の6時開演なので、途中から見ることになりますが、ギエムには間に合うよう頑張ります!

« ピンカートンの嘘 | トップページ | キング・オブ・ハイF »

7 その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界バレエフェスティバル・A:

« ピンカートンの嘘 | トップページ | キング・オブ・ハイF »