« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | 朧の森に棲む鬼 »

2007年1月 6日 (土)

国立劇場初春歌舞伎

『梅初春五十三驛〔うめのはるごじゅうさんつぎ〕』

2007年1月6日(土)12時 国立劇場

●国立劇場開場40周年記念を飾るに相応しい、意欲的な公演でした。何と言いましても、「岡崎の猫」の場面が楽しかったです。

●舞台転換のシュールさ、好きですねぇ。衣裳も良かったですし、装置も丁寧で美しい。さすが国立、と思いました。

« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | 朧の森に棲む鬼 »

1 歌舞伎・公演の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | 朧の森に棲む鬼 »