« 新シリーズ? | トップページ | 《トスカ》はなみがわ風の丘HALL »

2007年7月28日 (土)

らくだ亭

第1回 らくだ亭

主催:小学館・文化放送

2007年7月27日(金)19時 江戸東京博物館ホール

・柳亭市朗「小町」

・柳亭こみち「壺算」

・柳家三三「笠碁」

・柳家そのじ 寄席囃子

・柳家小三治「死神」

●江戸博には何度か行ったことがありますが、都内でも屈指のダメ建築だと思うんです。特にホールへのエントランス、あり得ない、もう信じられません。

●ホールの客席は、段差が始まるのがF列からであり、B~E列はとても見づらいです。私は今回E列でしたが、座高がとても高いので大丈夫でした…。

●「笠碁」は、このあいだ聞いたばかりなので、違いが分かって面白かったです。いま、ちょうど笠碁の季節なんですね。

●一門会ということで、小三治さんのマクラは「師匠と弟子」のお話。小さん師匠に本当に憧れていた、とのこと。私は小三治さんのファンなのですが、小さんの良さが分からない。どうしてなのだろう…。

●こんなことをネット上に書くのもナニですが、書かないと忘れてしまうので…。キューライス、くしゃみでした。

« 新シリーズ? | トップページ | 《トスカ》はなみがわ風の丘HALL »

7 その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新シリーズ? | トップページ | 《トスカ》はなみがわ風の丘HALL »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ