« エトワール達の花束 | トップページ | どうでしょう »

2007年8月 7日 (火)

ルグリと輝ける仲間たち

ルグリと輝ける仲間たち Aプログラム

主催:財団法人 日本舞台芸術振興会

2007年8月7日(火)18時30分 簡易保険ホール

●昨日はフェリ、今日はルグリ。東京は不思議な街ですね~。『椿姫』が見たかったので行ってきました。

●今日の公演も録音テープによる演奏でした。座席の位置も関係あるのか、昨日の公演よりはマシな音響だったのですが、それでもやはり、私は録音では充分に楽しめないということがハッキリ分かりました。生演奏とは全然違います。コンテンポラリーなら問題ありませんが、オーケストラの音は再現できません。出稼ぎと言うかドサ回りと言うか、場末の雰囲気が横溢。極東だから仕方ないか、みたいな感じ。ヨーロッパでも、録音を使った公演って行われているのでしょうか?ありませんよね。

●そういうわけで、ピアノ生演奏だった『椿姫』(第2幕より)に一番感動しました。…ところが、ホリゾント幕が全然綺麗じゃなかったんです!!別にノイマイヤー特注のホリゾント幕ではなかったんですね…。

●この1年間、『椿姫』第2幕、第3幕のパ・ド・ドゥを、いろいろな組み合わせで見ていますけれども、マチュー・ガニオが一番アルマンらしい気がしますね。ボッレはちょっと立派すぎると言いますか、青さに欠ける感じ。今日のペッシュは、遊び慣れてるふうに見えてしまいました(いえ実際はどうなのか知りませんが…)。ガニオは、若々しい清潔感があって、容姿が役柄に合っていると思います。顔がちょっと石田あゆみに似ている…。つまりシルヴィ・ギエムにも似ている…。似てないか。

●『椿姫』全幕上演祈願。

« エトワール達の花束 | トップページ | どうでしょう »

7 その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エトワール達の花束 | トップページ | どうでしょう »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ