« 出雲大社 御本殿特別拝観 | トップページ | 対決 巨匠たちの日本美術 »

2008年8月11日 (月)

囃子の会

第6回 囃子の会

主催:亀井忠雄/田中佐太郎

2008年8月2日(土)16時30分 歌舞伎座

■「三番叟」

立方:藤間勘十郎

■「鶴亀」

帝:中村梅玉

亀:中村萬太郎

従者:中村梅丸

鶴:中村梅枝

■舞囃子「小袖曽我」

シテ:梅若六郎

ツレ:観世銕之丞

■「静と知盛」

立方:中村富十郎

-休憩-

■「羅生門」

立方:中村吉右衛門

■能「楊貴妃」

シテ:観世清和

ワキ:宝生閑

■「老松」

立方:坂東玉三郎

■番外「獅子」

笛:福原寛

小鼓:田中傳左衛門

小鼓:田中佐太郎

大鼓:亀井忠雄

大鼓:亀井広忠

太鼓:田中傳次郎

●歌舞伎座の場内アナウンスは、とても質が落ちたと思います。

●プログラムを買っておかないと出演者が分からなくなる~と思って買ったのですが、詞章さえ載っていなくて、残念な出来でした。

●平成7年から歌舞伎座に行くようになって、今回初めて2階桟敷席(西側)に座りました。花道が見づらそうでしたが、この会では花道を使用しなかったので、とても見やすくて良かったです。

●富十郎さんの「静と知盛」がもう最高に素晴らしかった。ほかの演目も充実していました。「老松」は、こんなにいっぱい踊る曲だったっけ…?というくらい踊っていました。予習しておけば良かった…。そう、ちゃんと予習をしておくべきでした。反省。

« 出雲大社 御本殿特別拝観 | トップページ | 対決 巨匠たちの日本美術 »

7 その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲大社 御本殿特別拝観 | トップページ | 対決 巨匠たちの日本美術 »