« 伊勢神宮の式年遷宮 | トップページ | つれづれ »

2013年10月 8日 (火)

大須演芸場

Pa061352
↑ 外観  ↓ 客席内

Pa061354

初めて名古屋の大須演芸場に行ってきました。

2013年10月7日(日)11時開演
大須演芸場


演歌シャンソニエ ひと:みちゃん
漫談 寒空 はだか
江戸曲独楽 柳家 三亀司
上方落語 桂 珍念「七度狐」
マジック 天魔
落語界の鬼才 快楽亭ブラック「雛つば」

最初に出てきた、ひと:みちゃんのパワーに圧倒されました。
ずっとこっちを見ながら喋っていて怖かった。
「写真を撮ってもいい」と言っていましたが、怖くて撮れなかった。

寒空はだかを見るのは何年ぶりだろう。
全然変わっていない。若い。
今回も「東京タワーの歌」を歌っていた。
1度聞けば覚えてしまう、すごい歌だ。
これに匹敵する新曲をこの人は書かないのだろうか。

曲独楽は、羽織の上で回すのが素晴らしかった。
刀の上で回すのはイマイチだった。
でも口上は面白かった。

珍念さんは愛想のない人だったけれど噺はちゃんとしていて、
お伊勢参りの途中で寄った寄席で「七度狐」が聞けて良かった。

マジックは、鳩が出たり、テーブルが浮いたり、銀の輪が抜けたり、水が消えたり・・・。

ブラックさんの噺を聞くのは何年ぶりだろう・・・。
姿は歌舞伎座とかでよく見かけるのだけれど。
すごく癖のある人。
表情とか、喋り方とかに、癖が。

大須ならではの、楽しい興行でした。
同じ出演者で、入れ替えなしで、1日に2回とか3回とかステージに出るそうですが、お伊勢参りの前だったので、1巡したところで退場しました。(約2時間)

志ん朝さんが出ていた頃や、オペレッタをやっていた頃の大須演芸場にも行ってみたかった

« 伊勢神宮の式年遷宮 | トップページ | つれづれ »

7 その他の舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢神宮の式年遷宮 | トップページ | つれづれ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ