« 行き暮れて | トップページ | つハぶンやガきリー »

2017年2月24日 (金)

つぶやき

【今月の警句】
ドローレの名前は一生ドローレ


以前にも書きましたが、清原が麻薬で捕まった時、「こんなに長期間バレないものなのか」と驚いたものでした。
文部科学省の天下り問題も、パッと分からないものなのだろうかと不思議に思う。
再就職先のチェックって、そんなに大変なことなのでしょうか。
他の省庁はどうなのでしょう。ちゃんと調べているのでしょうか?
日本のジャーナリズムの取材力って、どうなっているのでしょうねえ。

省庁の運営は、今後ちょっと厳しいのではないかと思いますね。
毎日毎日、深夜まで働いて、
それほど飛び抜けて給料が良いわけでもないし。
成り手がいないでしょう。
割に合わないと思ったら、みんな離れていきますよ。

金沢の石川県立音楽堂で、マルコ・ミンコフスキ指揮による《セビリアの理髪師》を見てきたのです。仕事がどうなるか分からなかったので行くつもりはなかったのですが、休めることになって。前日に席を押さえて。
見たいという欲望があるうちが花ですからね。
見たい欲望って、年齢とともにだんだん減っていくのだろうか。
それとも、だんだん増えていくのだろうか?

演奏会形式で、大道具(舞台セット)はありませんでした。舞台にはオーケストラが並んでいて、歌手はその前後左右で歌っていました。客席通路を使った歌手の出入りもありました。
男声歌手はみんな燕尾服。ベルタは黒のドレス。ロジーナは黒地に赤い花柄のスカートをはいていましたかね~。
鍵とか髭剃り道具とか、小道具は使っていました。演技は普通にしてましたね。椅子と一本の紐を使って演技する場面とかもありました。指揮のミンコフスキが歌手の演技に絡んでくる場面も少しありました。
開演直前に、出演者の名前がスクリーンに投影されていましたが、本編で映像を使うことはありませんでした。

バルトロを歌ったカルロ・レポーレが素晴らしかったですね~。ロジーナの歌のレッスンの最中に居眠りしてしまう演技なんかも最高でした。
ロジーナ役のセレーナ・マルフィは、歌のレッスンの場面が良かったですね。いい声でした。
アルマヴィーヴァ伯爵のデヴィッド・ポーティロは、メトロポリタン歌劇場でも同役を歌っているそうですが、声楽の技巧面がちょっと弱い印象でした。
フィガロのアンジェイ・フィロンチクは、まだ芸が青い感じ・・・。

ミンコフスキは初めて生で聞いたのですが、アリアの終盤の盛り上げ方とか上手かったんじゃないですかね~。
フォルテ・ピアノが使用されていて、フェデリカ・ビアンキという方が弾きまくっているのが見えたのですが、音が小さくてあんまり聞こえませんでしたね~。
全般的に、歌手の声はすごく綺麗に聞こえたのですが、オケの音は分離が悪い感じがしましたけど、どうなんでしょう・・・。

アルマヴィーヴァ伯爵が、第2幕で「パーチェ・ジョーイア」と歌いながら登場するわけですが、デヴィッド・ポーティロは声を鼻声にする他に、サ行の発音に癖を付けていました。
サ行をわざと変な発音にする、という演技は、初めて見たわけではありませんが、久しぶりだった気がする・・・。
伯爵は、バルトロの家に入り込む時2回とも変装して現れるけれど、「パーチェ・ジョイア」の時は1回目より更に変装をエスカレートさせないとバルトロにバレてしまう。声からバレてしまう可能性も高い。オペラ歌手なのだから、声でもちゃんと変装してほしい。最近、地の声と「パーチェ・ジョイア」との違いがない歌手もいるみたい。(おお・・・)

終盤の伯爵のアリアは無事に演奏されました!(ホッ)

« 行き暮れて | トップページ | つハぶンやガきリー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミンコのセビリア!知りませんでした。聴きたかったですね。その日は池袋でバタフライを聴いていました。


この日は、金沢歌劇座の人々が池袋で《蝶々夫人》を上演し、オーケストラ・アンサンブル金沢が金沢で《セビリアの理髪師》を上演するという、ちょっと不思議な日だったようですね。
ミンコフスキは、オーケストラ・アンサンブル金沢の「プリンシパル・ゲスト・コンダクター」なのだそうです。
金沢は、東京でも見られないような興行が時折あるようですが、豊かな街なんですね・・・。


バタフライの金沢の初日に行っているのですが、記憶を辿るとミンコのセビリアのチラシを見たのを思い出しました。

2月の15日から19日まで東京に居て、トスカを二回、バタフライを二回、ヴェルレク、N響定期を聴きました。

演奏会形式より舞台上演を優先した感じですね。あのボエームが初オペラだった増原がスカルピアを歌ったのを聴いたのも楽しかったです。


すごい羨ましいスケジュールですね・・・。

オペラ界は今後、演奏会形式やセミステージ形式が増えていくのではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行き暮れて | トップページ | つハぶンやガきリー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ