« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月11日 (火)

つぶやき

先日、シアターコクーンで「フェードル」を見てきました。
ずいぶん前に、原作の日本語訳を読んだことがあるのですが、すっかり内容を忘れていました。
なかなか面白かったです。
せりふ劇なので、視覚的な面白さは、あまりありませんでしたが・・・。
後学のためにプログラムを購入してみたのですが、ほとんどのページが出演者インタビューでした。
あとは定番の稽古場写真とか。
「ラシーヌについて」「フェードルの上演史」「フランスの演劇状況」などのページはなかった。
(書ける人が存在しないのかもしれない)

あー、仕事が忙しい。
今年も奴隷のように働くのかねえ。

国立劇場の職員が、採用されて2~3年経つと、新国立劇場にかなり出向しちゃうんですよね。常に10人くらい出向している。つまり新国立劇場は、新人採用のコスト、新人教育のコスト、退職金のコストをそのぶん国立劇場に押し付けているわけなんです。(退職金は積み立て式ではないので)
新国立劇場も開場して20年経つのですし、そろそろ自立したらどうなのでしょう?
日本の伝統芸能は消滅の危機に立っているというのに、関係者に危機感がなくて・・・。

じゃがいもが不作だそうで、セブンイレブンの「肉じゃが」が消滅してしまった。私の晩御飯の三分の一をしめるセブンイレブンの「肉じゃが」が・・・。

グルベローヴァが今秋また来日してルチアを歌うそうですね。
もう来日しないと宣言したのは何だったのだろう・・・。嬉しいけど・・・。

先日、森麻季さんのリサイタルに行ったら、予定されていた《夢遊病の女》のアリアが演奏されなかった・・・。しくしく。
アンコールで歌った「ムゼッタのワルツ」が素晴らしかった。
日本人オペラ歌手でソロ・リサイタルをコンスタントに開催できるのは、森麻季さん、村上敏明さん、錦織健さんくらいでしょうか。

日本の政治・行政の腐敗がひどすぎる。

花見の季節だからか外国人観光客が多く、電車の中の半分くらいが外国人だったりする。
世界はどんどん変わっていく。

国立劇場はちゃんと建て替わるのだろうか?
もう配管が駄目なんだそうです。
建物は配管が駄目になっちゃうそうなんですよ。
パリ・オペラ座とか、どうしているのだろう?

大阪市は文楽への助成をやめて、そのぶんのお金を何に使っているのだろう。
ストリップやサーカスに助成しているのだろうか。
社会的に話題になって、あとのフォロー記事は出ないのだろうか。
私が知らないだけだろうか。
大阪市の文化助成が話題になったら、では国の文化助成はどうなっているのだろう・・・などという発展とか、取材はないのだろうか。
日本のジャーナリズムは、どうなっているのだろう。
もっと「文楽を守ろう」という気運が高まるかと思ったのですが・・・。
国立劇場もそのうち意外と呆気なく消えてしまうのかもしれない。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ