« 眠れる森の劇場 | トップページ | はじ »

2017年5月17日 (水)

つぶやき

玉三郎さんと鼓童の『幽玄』を見てきました~。
能テイストの新舞踊といった感じで、「羽衣」「道成寺」「石橋」から成る作品でしたが、「羽衣」が特にすごかったですね~。
横一列にずらっと並んだ太鼓の一糸乱れぬ長時間連打、準備にどれだけ時間をかけたのでしょう・・・。すごい。
「羽衣」という作品は、最後に天女が空に昇っていくわけですが、浮遊感が良く出ていました。

話が飛びますが、
このあいだ新国立劇場で《オテロ》を見たのです。
カルロ・ヴェントレのオテロがもう素晴らしかった。
デズデーモナのファルノッキアは、ちらしの顔写真はおばさんっぽく見えますが、舞台では若々しく、歌も良かったです。
若々しく見えない場合ですと、「私の手はまだ何の苦労も知りませんもの」という部分で、「百も千も苦労が刻まれているくせに」などと感じてしまうのです。
いつも私が思いますには、「アヴェ・マリア」の出だしのGesù. Prega per chi adorando a te si prostra,の部分は、ノンブレスで一息に歌われなくてはなりません。
途中でブレスをすると、「駄目だこりゃ」と思ってしまうのです。
歌手は常に試されているのです。
イアーゴは何だか声が弱々しい感じでした。かと言って、演技力に長けているわけでもなかった・・・。
この作品は、台本の完成度が高いとよく言われますが、合唱が出てくるたびに物語が中断する感じがしませんか・・・?
イアーゴ主導で酒を飲む場面の繰り返しの多さには「またか!」という印象が。
そしてベバベバの部分はバリトンには高音すぎる感じ・・・。ベバベバ。(それで歌える人が限られてしまうのでしょうか?)
オテロの怒りがいきなりフルスロットルでどん引きすることがありますが、妻の浮気を妄想するシーンがあったのがいいですね。
冒頭の嵐の場面で雷の効果音を使っていてすごい迫力だったのですが、オーケストラが音楽で嵐を表現しているところにスピーカーで効果音を混ぜるのは、いただけない感じでした。最初の音量の印象が強すぎて、全体のバランスが崩れる気がしました。

« 眠れる森の劇場 | トップページ | はじ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠れる森の劇場 | トップページ | はじ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ