« はじ | トップページ | なごりのカール »

2017年6月 6日 (火)

つぶやき

歌舞伎座の夜の部を見てきました。
なぜ2年連続で『鎌倉三代記』なのでしょうか!?
どうせなら「十種香」をやってくれれば新鮮で良かったのに・・・。
三浦之助はどうして菅笠を手に出てくるのでしょう??
訳が分からない・・・。

猿之助さんのお蔦が良かったですね。
猿之助さんは7芝翫さんにお蔦を教わったそうですが、
7芝翫さんにはあまり似ていない感じ。
門之助さんと孝太郎さんは、たまに7芝翫さんに似ていると感じる瞬間があるかなあ・・・。

前の吉之丞さんと、今の右之助さんは、6歌右衛門丈に似ていると感じることがある。

ところで!
私は今ちょっと、清元の『保名』に凝っているのです。
私が凝ると大変なんですよ、詞章の意味を調べちゃったりするんですから。
そして、昔の映像をいろいろ引っ張り出して見てみました。

私は国立劇場の職員なので、国立劇場の公演記録映像も見てみましたよ。
・14守田勘弥
・藤間勘紫恵
・2尾上菊之丞(現・墨雪)
私は墨雪ファンですし、墨雪さんの『保名』は確かに素晴らしいのですが、素踊りで、長袴を着けていなかったので、ちょっと魅力が半減・・・。
保名はやはり長袴でないとね~~。

あとは持っていた録画を見たのです。
・7中村芝翫
・5中村富十郎
・12市川團十郎
・5坂東八十助(のちの10三津五郎)
・片岡仁左衛門
・坂東玉三郎

あと、9海老蔵(のちの11團十郎)いわゆる海老様が、映画「絵島生島」の中で少しだけ踊っている映像も久しぶりに見てみましたが、あまりにも短くて、全然分からない。もう少し長く録画してくれれば良かったのに。

仁左衛門さんの『保名』は、他の人と振付がだいぶ異なりますね。

玉三郎さんの『保名』がもう素晴らしい!!しびれた。
清元も最高。
私は志佐雄さんの声が好きだった・・・。
よくぞ映像が残った!!神に感謝を捧げませう。

そして7芝翫さんの狂乱っぷりがすごい!!
他の人と全然違う。
この人だけすごい。
踊りであり、芝居である。

昔の『演劇界』に、6菊五郎と7芝翫の両方の『保名』を見た方が、
7芝翫の『保名』は6菊五郎の『保名』をよく伝えている、と書いている。

玉三郎さんの『保名』は6藤間勘十郎による振付であり、
6勘十郎は6菊五郎の系統の『保名』なのではないかと思うのですが、
これは7芝翫さんの『保名』と全然違う。
振りではなく、踊り方のアプローチが全然違う。

一体6菊五郎は、どのように『保名』を踊っていたのだろうか?
なぜ映像が残っていないのか!?く~~。
残っている数枚の写真から想像すると、
あまり顔で演技したりしない、
玉三郎さんに近いものを感じさせるのですが・・・。

7芝翫さんの保名の狂乱は、ちょっと糒庫の淀の方を髣髴とさせる。
つまり5歌右衛門的な感じ。

7芝翫さんの踊りを継ぐ人は誰もいない。
7芝翫さんの踊りは、どこからやってきたものなのだろう?

驚いたことに、私は玉三郎さんの『保名』も7芝翫さんの『保名』も生で見ているのだった。
きっとそれで人生のラッキーを使い果たしてしまったのに違いない。

もうあれだけの『保名』は見られないだろうという予感と、
ひょっとしたら菊之助さんか右近さんがもう一度最高の『保名』を見せてくださるのではないかという期待が、
相半ばする今日この頃であります。

« はじ | トップページ | なごりのカール »

1 歌舞伎・公演の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじ | トップページ | なごりのカール »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ