« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月31日 (月)

衣裳負けしないように

きのう、玉三郎さんのディナーショーで、「ひとりぼっちのローマの泉」という歌を聞いたのです。ネットで検索すると「ひとりぼっちの愛の泉」と引っかかるのですが、玉三郎さんは「ひとりぼっちのローマの泉」と言っていたと思います。そして、そのタイトルのほうが歌の内容に相応しいように思います。世界中の恋人たちがここにやって来て、異国の言葉で愛を囁き、再び二人でここに来ようと約束する、そうして私はひとりぼっちでそれを眺めている・・・というような内容の、とても洒落た歌でした。

玉三郎さんが初めて人前で歌ったのは、およそ30年前、衣裳負けしないようにと言ってミンクの毛皮のコートを買ってくれた人のために、年末の帝国ホテルの奥の方で歌ったのが最初と仰っていました。
玉三郎さんのトークの中で「衣裳負け」という言葉を聞いて、私はこの言葉を初めて聞いたような、いや遠い昔から知っていたような、不思議な気持ちがしました。
美しい衣裳には、それに相応しい芸格が必要。
玉三郎さんは、美しい衣裳を着ることに、すごく執着心があった人だと思う。自分の稼いだお金を衣裳の製作につぎ込み、またパトロネージュしてくれる人もいたのでしょうね。私はフランコ・ゼッフィレッリ演出の豪華なオペラが好きなのですが、舞台衣裳の美しさは玉三郎さんのほうが数段上でしょう。図案、配色、織り、染め、刺繍、箔、他の興行では衣裳にあれだけの手間をかけられない。持っているお金や時間や才能をもっと別のことに使ってしまう。日本にはちょうど玉三郎さんのキャリアと重なるように「バブル経済」というものがありましたから、歴史上でも稀有な美を私は見ていたのじゃないかと思ったのです。

以前、玉三郎さんの衣裳をガラス越しながらも間近で見られる展示があって、政岡や富姫の衣裳を見た時は本当に衝撃的な美しさでした。
美しい衣裳を着るための努力と、その衣裳に見合うだけの芸を積み重ねてこられたのでしょうね・・・。

毛皮のコートを着てヴェネツィアのゴンドラに乗る感覚が飛び過ぎていて私にはよく分かりませんが~~。

玉三郎ディナーショー

坂東玉三郎「夏の宴」
~トークとディナーそして魅惑の歌声を~
帝国ホテル 東京 富士の間
17時~

◆トーク(約30分)質問コーナーあり
◆ディナー
◆ショー
【曲目】
・セ・シ・ボン
・枯葉
・人の気も知らないで
・アマリヤ
・ひとりぼっちのローマの泉
・いそしぎ
・?夜の海辺で愛を誓うというような歌だった?
・誰かが私を見つめてる
・妻へ
・バラ色の人生
・パダン・パダン
・水に流そう
―アンコール―
・夏の終りのハーモニー

玉三郎さんの初めてのディナーショーに行ってきました。300人以上集まっていましたね~。9割が女性でしたかね~。男性は、奥様のエスコートみたいな方が多かったですね。わたくし40代の男1人で行ってしまって、何だか本当に恐縮な感じでした・・・。
歌は日本語で歌われました。歌詞はご自分で訳したものもあるそうです。ピアノ、ヴァイオリン、コントラバス(?)の伴奏あり。ステージの上に星空が広がっていました。黒いスーツなのだけれど白くキラキラ光る衣裳でした。
わたくし、メモを取ったりしなくても曲目を覚えられたので上に記しておきました。(7曲目は曲名の紹介がなかったような気がするのです・・・)
トークの内容は、ディナーショーをやるようになった経緯、人前で歌うきっかけ、ご自分の声のお話がメインでした。
地球の長い歴史の上では、今はとても穏やかな時代で、あまり世の流れを悲観することもないのではないか・・・というようなことも仰っていました。

2017年7月30日 (日)

つぶやき

天気予報が、時間や場所を分けて細かく発表されるようになり、これだけ詳細に知らせるのだから当たるのだろうと思うと、全然当たらない、外れまくっている。なぜなのだろう・・・。

Yahoo!のトピックスはスポーツ新聞よりも下世話で、毎回びっくりしてしまう。こんなことがニュースになるのだろうかと思って。

私は学生のころ古文の先生になりたいと思って教員免許も取ったし教育実習にも行った。公立高校の国語の教員の採用がゼロだったので夢は叶わなかったけれど・・・。
大学は日本文学科だったから教職課程を履修している人は多かった。実際に先生になった人はいたのかな・・・。
学芸員になりたいという人も多かったですね。私は当時そういう欲望はなかったのだけれど、この年齢になってみて現在の憧れの職業というと、学芸員なんかいいよな~と思いますね。
日本には美術館がたくさんあり、それぞれに学芸員がいて、展示を企画するほかに図録の編集や講演会などを行う。優秀な学芸員って大勢いますでしょう。
日本には劇場もたくさんありますが、演劇についてきちんとした文章を書ける人が本当に少ないですね。特に伝統芸能の分野は。昔はもう少し人数がいたと思うのですが、今は数人ですよね、数人。同じ人が何度も執筆するという形でも全然かまわないとは思うのですが、みんな忙しいと言うし、原稿料も安いし、善意に頼ってばかりいられないのね。
15年前は、もう少しいたと思うんですよね。
時代の流れで、しかたがないですね。

2017年7月27日 (木)

杉並区民オペラ

こんばんは。ベンデッタ・アブ郎です。
先日、杉並区民オペラで《カヴァレリア・ルスティカーナ》と《道化師》を見てきたのです。日本語訳詞上演でした。
アルフィオが「ムーチが鳴ーる、ムーチが鳴ーるぞー!ムーチが鳴ーる、ムーチが鳴ーるぞー!」と歌っていたのが強く記憶に残っております。まあ確かにそう言っているわけではありますが・・・。

サントゥッツァ役の小泉詠子さんがすごい演技力で、みじめったらしい女を写実的に描き切っていました。冒頭の場面で何と「つわり」の演技がありました!
サントゥッツァが妊娠していることを観客は知識として知っていますが、舞台上ではそれが描かれることが少ない。「つわり」を「つわり」と分からせる演技って、なかなか難しいと思うんですよね~。

そしてシルヴィオを歌った井上大聞さんもすごい演技力でしたね~。オペラの演技はもっと誇張されていてもいいかなと思いますが、スタイリッシュな、抑制の効いた感じの演技でした。拒絶している女を無理やり口説く役というと、他に《ノルマ》のポッリオーネなどがありますが、演技力が重要なんですよね。演技力がないと全然面白くない場面になってしまう。
ネッダ役の塩田美奈子さんも良かった。私は塩田さんを追いかけて名古屋まで《椿姫》を見に行ったことがあります。もうずいぶん昔のことですね~。滅多に見ないですよね。

ネッダのA stanotte e per sempre tua sarò.という台詞がうまく翻訳できてなかったみたいでしたけど・・・。

2017年7月23日 (日)

オペラよもやま

あれは先月17日のこと、仙川フィックスホールという120席くらいの小さなホールで、村上敏明さんのリサイタルを聞いてきたのです。自由席だったので、1階1列目中央に座ってしまいました。もうすごい迫力。
私がオペラを見始めたのは今から20年前。ちょうど新国立劇場ができた平成9年でした。この頃は、すごく大勢の若手テノールが一気に出てきた時期でした。今も活躍している人もいるし、名前を聞かなくなった人もいます。昨今は、それほど大勢のテノールは出てこない。若いテノールは本当に人数が少なくなりましたね。
私は文学部日本文学科を出ているのですが、大学入試のとき、文学部だと就職で困るんじゃないかなと思って迷ったのです。そして予備校の先生から「今の時代、何をやったって生きていけるんだから、好きな道に進むべきだ」と言われ、法学部をやめて文学部を選んでしまいました。そうしたら在学中にバブルがはじけ、就職には苦労しましたよ、ええ。進路が時の経済状況に左右されることはありますよね。日本も高度成長とかオイルショックとかバブルとか、いろいろな時代があって、テノールが登場する時期、登場しない時期というのがあるのでしょうね。でもマリア・カラスなんていうのは貧困の中から出てきたわけで、不況だからオペラ歌手が出てこないってこともないと思いますけども。
その頃出てきたテノールの中で、村上敏明さんは最も輝いている部類で、今回見ていて本当にカッコいいなあと思ったのです。夢を実現させて、継続させている人ですから。マンリーコのアリアなんて最高にカッコよかったですね。

その翌日18日、日生劇場で《ラ・ボエーム》を見てきました。これが珍しく日本語上演だったのですね。
今どき日本語上演の《ラ・ボエーム》なんてありえないし、馬鹿馬鹿しいと思ったのですが、テノールの宮里直樹さんが素晴らしい声だという噂を聞いており、一度生で聞いてみたかったのです。私がテノールの諸役の中で最も好きなのはロドルフォであり、つまりその宮里直樹さんがオケ・合唱入りの《ラ・ボエーム》に出演する機会は今後あるのかどうか分からないし、たとえ日本語上演であっても機会を逃してはいけないと思ったわけなのです。実際、なかなか良い声でした。
この公演はオペラを初めて見るであろう高校生を主な対象としていて、地方を含め10回くらいある公演のうちの2回だけが一般発売されたものです。一般発売されたこの2公演以外の、対象となる高校生は無料招待なのだそうです。招待される高校生と招待されない高校生はどのように選別されているのでしょうか?公表されていない。クローズドの公演に芸術文化振興基金という公的資金が流れていることが不思議ですね。
ところで、初めて見るオペラが日本語訳詞上演であるというのは、オペラファンを増やすために効果的なことなのでしょうか?
私はオペラの日本語訳詞上演をあまり見たことがなくて、オペラを見始めた1997年か1998年に二期会の《フィガロの結婚》を日本語訳詞上演で見たのと、佐渡裕さんが2013年に兵庫でやった《セビリャの理髪師》が日本語上演だった。あとは杉並区民オペラ2回と、今回の日生劇場の《ラ・ボエーム》くらいでしょうか。
日本のオペラ公演で初めて字幕が使用されたのは、1986年なのだそうです。それまで日本のオペラ団体は日本語訳詞上演が普通だったそうな(原語上演もしていたけれど)。そして新国立劇場が開場する1997年、日本のオペラ公演から日本語訳詞上演がほぼ消えた。私が見た二期会の《フィガロの結婚》は、日本語訳詞上演の最後の時期だったのではないかと思う。それ以降は、子供向けの公演やオペレッタなど、ごく限られた分野だけに日本語訳詞上演が残った。
そして、ここにきて俄かに日本語訳詞上演のリバイバルだ。現在オペラ公演を企画する人たちは日本語訳詞上演でオペラに馴染んできた人たちであり、オペラの普及のために日本語訳詞上演が必要であると判断したのでしょう。
現実問題として、オペラの観客層の高齢化が著しい。同じ伝統芸能では、バレエの観客は若い人もかなり多い。歌舞伎や文楽も若い客はいる。オペラと能楽の観客の激しい高齢化は何なのだろう?この世代とともにこの芸能も消滅していくのだろうかと思うくらいです。言葉の壁があるのですね。言葉は、分からない人には全く分からない。全く。
しかし私個人は字幕付き原語上演によってオペラに取りつかれた人間であり、日本語訳詞上演だったらここまでオペラを見ていないだろうと思う。
日生劇場の《ラ・ボエーム》では、第一幕の最後の部分、Amor! Amor! Amor! が、日本語で「愛よ!愛よ!愛よ!」と歌われていました。音符に乗らないんですよねえ。もし日本語で「愛よ!愛よ!愛よ!」と歌うことがあるとしたら、絶対に別なメロディーになると思うんです。
そして全体的に、聞いていて「気恥ずかしい」。
オペラを見ていて、「これが母国語だったら直接的に理解できるのに残念だなあ」と思うことがよくありますが、逆に「異国語だから美しい夢として聞いていられる」という側面があるのではないでしょうか?
昨日、杉並区民オペラの《カヴァレリア・ルスティカーナ》&《道化師》を見てきたのです。日本語訳詞上演でした。杉並区民オペラは珍しく一貫してずっと日本語訳詞上演を続けていて、その理由は、なるべく幅広い年齢層の人に合唱として参加してほしい、子供から年配の方まで歌ってほしい、となるとやはり日本語が良い、ということだそうです。
サントゥッツァの呪いの言葉、Bada!(覚えていろ、覚悟しておけといった意味)は「バカ」、 spergiuro!(裏切者)のあたりは「地獄へ落ちろ」と歌われていましたかねえ・・・。
原語上演では感じない低俗さを感じてしまいました。(それはそれで私も楽しみましたが・・・)
日本語訳詞上演がオペラの入口になるかどうか、私はちょっと疑問に思うのです。

2017年7月12日 (水)

『一條大蔵譚』あれこれ

私は国立劇場に勤めていますので、仕事の都合上、文楽の床本を読む機会が多いのです。ところが『一條大蔵譚』は、歌舞伎では頻繁に上演されるのに、文楽では全く上演されないので、台詞を活字で読む機会がない。その点で、他の義太夫狂言と異なる特別な演目です。いつも見ていて不思議な感じがするのです。

文楽太夫の豊竹咲太夫師匠は、50年前の国立劇場開場記念公演で咲太夫の名跡を継がれました。その時の披露狂言が「菊畑」でした。(復活上演)
昨年、国立劇場開場50周年記念として咲太夫師匠にインタビューする機会があったので、なぜ文楽では一條大蔵卿のくだりが上演されないのか質問してみたのです。
師匠曰く、あの場面は歌舞伎で工夫され、歌舞伎で上演されてこそ面白いと聞いている、文楽で上演しても面白くない、文楽で『鬼一法眼』を上演する時は「菊畑」を最後まで出すから、そこまでの時間がない、と仰っていました。

今月、国立劇場の歌舞伎鑑賞教室で『一條大蔵譚』が上演されています。
台本を読んでみますと、こんなことを言っていたんだなあと改めて新鮮に感じますね。

常盤御前の台詞の中に、和歌が出てきます。
世の中の 人の心の 竹なれば 割りてや君に 見せましものを

出典は不明ですが、意味は「私の心が竹だったならば、割って中をお見せするところですのに」「もしも心の中が目に見えたならば、私の心が竹のように真っ直ぐで中に何のやましさもないことがお分かりいただけますのに」「あなたに疑われて悔しい、けれど私は潔白です」ということでしょう。
おそらく「世」には「節〔よ〕」という言葉が掛けられています。「節〔よ〕」というのは竹の「ふし」のことで、竹の縁語ですね。

また、大蔵卿の台詞の中に、次の和歌が出てきます。
子〔ね〕の日する 野辺〔のべ〕に小松〔こまつ〕のなかりせば 千代〔ちよ〕のためしに 何〔なに〕を引かまし

こちらは『拾遺集』に採られた壬生忠岑〔みぶのただみね〕の歌です。
その昔、正月の最初の子〔ね〕の日に、若い松を根から引き抜く雅な遊びがあったのだそうです。松というのは大変に長命で、私の生まれるずっと前から生えている松が、私の死んだずっと後にも生き続けるという、羨ましい長寿の代表のようなものです。若い小さな松の中にも、すでにそれだけの生命力が予め備わっている。「子の日の遊び」は、小松を引き抜いて飾ることによって、約束された長命にあやかっていたのではないでしょうか。「予祝」というものですね。
「何を引かまし」というのは、「松と肩を並べるくらい長命な生物はいない」「松の代わりは存在しない」「松が一番、松が最高(他はまるで比較にならない)」という、松の長寿を賞讃する言葉ですね。
ところで、平清盛の長男である平重盛〔たいらのしげもり〕は、小松谷〔こまつだに〕というところに住んでいたので、「小松内府〔こまつのないふ〕」とか「小松殿〔こまつどの〕」と呼ばれていました。
壬生忠岑の和歌の「小松」の部分を「平重盛」に置き換えると、「平家の中で優れた人物は重盛しかいない、他は取るに足らない」という意味になります。
大蔵卿はこの和歌を鬼次郎に託して、源氏の公達(頼朝や義経)に伝えてほしいと言います。つまり伝言というのは、途中で誰か別の人の手に渡ってしまう危険があるので、暗号でなければならない。何も知らない人が読むとただの古歌に見えるけれども、その奥に隠れたメッセージが潜んでいるわけですね。「重盛以外は取るに足らない」「いくら兵力を整えても、重盛が健在のうちは戦ったら駄目」、それは誰にでも分かる情報ではなく、大蔵卿の地位でこそ見える状況であり、「兵法の極意の伝授」という本作の作意にも関わることなのでしょう。
和歌の意味が分からないと、なぜ一條大蔵卿がこの場に出てきて本性を表すのか、分からなくなってしまいます。

さて、高校生に和歌が聞き取れているでしょうか・・・?

2017年7月10日 (月)

KABUKI by KISHIN

先日、篠山紀信さんのトークショーに行ってきたのです。
KABUKI by KISHIN』という歌舞伎の写真集(5万円)を出版した記念の会でした。
紀信さんは、これまでにも玉三郎さんや仁左衛門さんの写真集を出していますが、今回は50数名の歌舞伎俳優の写真をまとめたもので、出版の規模からしても、これだけの写真集は今後出せないだろうということでした。
写真の点数は、もちろん玉三郎さんの写真が一番多く掲載されています。
『演劇界』や『和楽』などで見たことのある写真も多いですが、とにかく本が大きいので迫力があります。

私は5年ほど前に、木之下晃さんの講演会に行ったことがあります。
舞台の写真撮影は、まず「撮りたい」と思った人が全員撮れるわけではない。
そして、上演中にシャッター音がしてはマズいので、必然的に遠くからの撮影となる。
たくさんの制約があります。
木之下さんは、駆け出しのころマリア・カラスの来日コンサートの公式カメラマンに抜擢され、当時開発されたばかりの高価な望遠レンズを特別に借りることが出来たのだそうです。他の人と条件が違ったわけです。なぜ、そのような特殊な立場になれたのかというと、ご本人の話によれば「ギャラが安かったから」とのことでした。(本当かどうか知りませんが)

ところが!
紀信さんは、自分は他の人と同じ条件で撮影している、ということを強調されていました。カメラの機材も普通に市販されているものだし、撮影も舞台の本番を普通に撮影したもので、特別な扱いはされていないそうです。
では、なぜ篠山紀信の写真が特別なのか?
それは、ご本人の話によれば、未だに「やっぱりカメラはライカじゃないとね」とか、「デジタルの写真は味わいがない」などと言う人がやたら多くて、その古い固定観念が駄目なんだとのことでした。紀信さんはその逆で、「今の写真は今の機材で撮る」という主義(?)だそうです。

しかし、私がかつて平成中村座で勘三郎さんの『お祭り』を拝見していた時、最前列で見ていた私の隣に紀信さんが突然やって来てパシャパシャ音をさせながら写真を撮り始めたことがあり、かなり特別扱いされている感じでしたけどね・・・。
そして、売れている人ほど機材を更新しやすいとか、名前の出ている人ほど取材しやすいという特権は、やっぱりあると思いますよ。まあ自分でその地位を築き上げてきたのですから、立派ですけれども。

5万円の写真集を買おうかどうしようか迷っていたのですが、結局買ってしまいました。サイン、握手もしていただきました。もう重くって重くって、帰りの道が大変でした・・・。

2017年7月 1日 (土)

つぼやき

インターネット上の記事を見ていると、「続きを読む」「記事全文を読む」などのボタンがあって、何度もクリックしないと記事が読めない、ページが表示されるまで更に時間がかかってイライラ、ということがあるわけですが、あれは何のために何段階にも分けて表示しているのでしょうかねえ。一体どういう仕組みなのでしょう。

明日は都議選ですね。昨今の政治家の腐敗があまりに見苦しいので、何とかならないものかと常々思っているのですが、私が持つ力は一票の力だけ。
だ・れ・に・と・う・ひょ・う・し・よ・う・か・な~と思って候補者のポスターを見てみたのですが、ほとんどの人が政策や意思を書き込んでおらず、顔写真と名前と経歴くらいしか載っていない。政策が分からなくて、どうやって投票すればよいのだろう?
そうして「有名だけれど無能な声のでかい人」が選ばれ、石原慎太郎氏みたいな厚顔無恥の爺さんが出てくるわけだろうか。
電力にしても豊洲にしてもオリンピックにしても、日本ってこんなに駄目な国だったのね・・・と思い知らされる失策でありました。

« 2017年6月 | トップページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ