« 『一條大蔵譚』あれこれ | トップページ | 杉並区民オペラ »

2017年7月23日 (日)

オペラよもやま

あれは先月17日のこと、仙川フィックスホールという120席くらいの小さなホールで、村上敏明さんのリサイタルを聞いてきたのです。自由席だったので、1階1列目中央に座ってしまいました。もうすごい迫力。
私がオペラを見始めたのは今から20年前。ちょうど新国立劇場ができた平成9年でした。この頃は、すごく大勢の若手テノールが一気に出てきた時期でした。今も活躍している人もいるし、名前を聞かなくなった人もいます。昨今は、それほど大勢のテノールは出てこない。若いテノールは本当に人数が少なくなりましたね。
私は文学部日本文学科を出ているのですが、大学入試のとき、文学部だと就職で困るんじゃないかなと思って迷ったのです。そして予備校の先生から「今の時代、何をやったって生きていけるんだから、好きな道に進むべきだ」と言われ、法学部をやめて文学部を選んでしまいました。そうしたら在学中にバブルがはじけ、就職には苦労しましたよ、ええ。進路が時の経済状況に左右されることはありますよね。日本も高度成長とかオイルショックとかバブルとか、いろいろな時代があって、テノールが登場する時期、登場しない時期というのがあるのでしょうね。でもマリア・カラスなんていうのは貧困の中から出てきたわけで、不況だからオペラ歌手が出てこないってこともないと思いますけども。
その頃出てきたテノールの中で、村上敏明さんは最も輝いている部類で、今回見ていて本当にカッコいいなあと思ったのです。夢を実現させて、継続させている人ですから。マンリーコのアリアなんて最高にカッコよかったですね。

その翌日18日、日生劇場で《ラ・ボエーム》を見てきました。これが珍しく日本語上演だったのですね。
今どき日本語上演の《ラ・ボエーム》なんてありえないし、馬鹿馬鹿しいと思ったのですが、テノールの宮里直樹さんが素晴らしい声だという噂を聞いており、一度生で聞いてみたかったのです。私がテノールの諸役の中で最も好きなのはロドルフォであり、つまりその宮里直樹さんがオケ・合唱入りの《ラ・ボエーム》に出演する機会は今後あるのかどうか分からないし、たとえ日本語上演であっても機会を逃してはいけないと思ったわけなのです。実際、なかなか良い声でした。
この公演はオペラを初めて見るであろう高校生を主な対象としていて、地方を含め10回くらいある公演のうちの2回だけが一般発売されたものです。一般発売されたこの2公演以外の、対象となる高校生は無料招待なのだそうです。招待される高校生と招待されない高校生はどのように選別されているのでしょうか?公表されていない。クローズドの公演に芸術文化振興基金という公的資金が流れていることが不思議ですね。
ところで、初めて見るオペラが日本語訳詞上演であるというのは、オペラファンを増やすために効果的なことなのでしょうか?
私はオペラの日本語訳詞上演をあまり見たことがなくて、オペラを見始めた1997年か1998年に二期会の《フィガロの結婚》を日本語訳詞上演で見たのと、佐渡裕さんが2013年に兵庫でやった《セビリャの理髪師》が日本語上演だった。あとは杉並区民オペラ2回と、今回の日生劇場の《ラ・ボエーム》くらいでしょうか。
日本のオペラ公演で初めて字幕が使用されたのは、1986年なのだそうです。それまで日本のオペラ団体は日本語訳詞上演が普通だったそうな(原語上演もしていたけれど)。そして新国立劇場が開場する1997年、日本のオペラ公演から日本語訳詞上演がほぼ消えた。私が見た二期会の《フィガロの結婚》は、日本語訳詞上演の最後の時期だったのではないかと思う。それ以降は、子供向けの公演やオペレッタなど、ごく限られた分野だけに日本語訳詞上演が残った。
そして、ここにきて俄かに日本語訳詞上演のリバイバルだ。現在オペラ公演を企画する人たちは日本語訳詞上演でオペラに馴染んできた人たちであり、オペラの普及のために日本語訳詞上演が必要であると判断したのでしょう。
現実問題として、オペラの観客層の高齢化が著しい。同じ伝統芸能では、バレエの観客は若い人もかなり多い。歌舞伎や文楽も若い客はいる。オペラと能楽の観客の激しい高齢化は何なのだろう?この世代とともにこの芸能も消滅していくのだろうかと思うくらいです。言葉の壁があるのですね。言葉は、分からない人には全く分からない。全く。
しかし私個人は字幕付き原語上演によってオペラに取りつかれた人間であり、日本語訳詞上演だったらここまでオペラを見ていないだろうと思う。
日生劇場の《ラ・ボエーム》では、第一幕の最後の部分、Amor! Amor! Amor! が、日本語で「愛よ!愛よ!愛よ!」と歌われていました。音符に乗らないんですよねえ。もし日本語で「愛よ!愛よ!愛よ!」と歌うことがあるとしたら、絶対に別なメロディーになると思うんです。
そして全体的に、聞いていて「気恥ずかしい」。
オペラを見ていて、「これが母国語だったら直接的に理解できるのに残念だなあ」と思うことがよくありますが、逆に「異国語だから美しい夢として聞いていられる」という側面があるのではないでしょうか?
昨日、杉並区民オペラの《カヴァレリア・ルスティカーナ》&《道化師》を見てきたのです。日本語訳詞上演でした。杉並区民オペラは珍しく一貫してずっと日本語訳詞上演を続けていて、その理由は、なるべく幅広い年齢層の人に合唱として参加してほしい、子供から年配の方まで歌ってほしい、となるとやはり日本語が良い、ということだそうです。
サントゥッツァの呪いの言葉、Bada!(覚えていろ、覚悟しておけといった意味)は「バカ」、 spergiuro!(裏切者)のあたりは「地獄へ落ちろ」と歌われていましたかねえ・・・。
原語上演では感じない低俗さを感じてしまいました。(それはそれで私も楽しみましたが・・・)
日本語訳詞上演がオペラの入口になるかどうか、私はちょっと疑問に思うのです。

« 『一條大蔵譚』あれこれ | トップページ | 杉並区民オペラ »

3 オペラあれこれ」カテゴリの記事

コメント

日本語公演が入門の入り口になった、71才のオペラファン。55年ぐらい前からオペラを見てきました。当時は日本語で歌うことが一般的に多く、たしかに発音はヨーロッパ調のリエゾンの多い歌唱でしたが、それでも所々意味が分かり、大いに楽しんだものです。もちろん声とオーケストラとの競演に触れて、感動するばかりでした。
 その後渡邉暁雄さん指揮で、日本フィルハーモニー交響楽団の月一回の無料演奏会を数年間聞く事が出来、音楽によりのめり込みました。東京文化会館の試作品と言われた世田谷区民会館での生演奏は、極上の楽しみでした。
 その頃、二期会が藤原の後を追ってオペラ界に進出、日本語のフィガロなどを聴かせていただき、聞くレパートリーが格段に増えていきました。これを追うように関西歌劇団が日本語上演を続け、わざわざ大阪まで出来たばかりの新幹線で見に行ったものです。やはりリエゾンの多いイタリア語風の日本語でしたが、なぜが安心して公演を楽しんだものでした。外国語だろうが日本語だろうが、声とオーケストラが生む感動は、歌詞の意味が理解できなくても、オペラ入門時には感動をもらえたことを思い出します。
 そんなこんなで、杉並さんの日本語公演は熱烈応援します。これでオペラにのめり込んだら、原語オペラに自然に通うようになると、経験から思います。
そのままオペラの蟻地獄にはまれば、イタリア語なりドイツ語なりの語学学習に進んでいくでしょう。


喜劇やモーツァルト作品などは日本語上演に向いていそうな気がします。若い人もオペラの魅力に気づいてくれたらいいですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『一條大蔵譚』あれこれ | トップページ | 杉並区民オペラ »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ