« KABUKI by KISHIN | トップページ | オペラよもやま »

2017年7月12日 (水)

『一條大蔵譚』あれこれ

私は国立劇場に勤めていますので、仕事の都合上、文楽の床本を読む機会が多いのです。ところが『一條大蔵譚』は、歌舞伎では頻繁に上演されるのに、文楽では全く上演されないので、台詞を活字で読む機会がない。その点で、他の義太夫狂言と異なる特別な演目です。いつも見ていて不思議な感じがするのです。

文楽太夫の豊竹咲太夫師匠は、50年前の国立劇場開場記念公演で咲太夫の名跡を継がれました。その時の披露狂言が「菊畑」でした。(復活上演)
昨年、国立劇場開場50周年記念として咲太夫師匠にインタビューする機会があったので、なぜ文楽では一條大蔵卿のくだりが上演されないのか質問してみたのです。
師匠曰く、あの場面は歌舞伎で工夫され、歌舞伎で上演されてこそ面白いと聞いている、文楽で上演しても面白くない、文楽で『鬼一法眼』を上演する時は「菊畑」を最後まで出すから、そこまでの時間がない、と仰っていました。

今月、国立劇場の歌舞伎鑑賞教室で『一條大蔵譚』が上演されています。
台本を読んでみますと、こんなことを言っていたんだなあと改めて新鮮に感じますね。

常盤御前の台詞の中に、和歌が出てきます。
世の中の 人の心の 竹なれば 割りてや君に 見せましものを

出典は不明ですが、意味は「私の心が竹だったならば、割って中をお見せするところですのに」「もしも心の中が目に見えたならば、私の心が竹のように真っ直ぐで中に何のやましさもないことがお分かりいただけますのに」「あなたに疑われて悔しい、けれど私は潔白です」ということでしょう。
おそらく「世」には「節〔よ〕」という言葉が掛けられています。「節〔よ〕」というのは竹の「ふし」のことで、竹の縁語ですね。

また、大蔵卿の台詞の中に、次の和歌が出てきます。
子〔ね〕の日する 野辺〔のべ〕に小松〔こまつ〕のなかりせば 千代〔ちよ〕のためしに 何〔なに〕を引かまし

こちらは『拾遺集』に採られた壬生忠岑〔みぶのただみね〕の歌です。
その昔、正月の最初の子〔ね〕の日に、若い松を根から引き抜く雅な遊びがあったのだそうです。松というのは大変に長命で、私の生まれるずっと前から生えている松が、私の死んだずっと後にも生き続けるという、羨ましい長寿の代表のようなものです。若い小さな松の中にも、すでにそれだけの生命力が予め備わっている。「子の日の遊び」は、小松を引き抜いて飾ることによって、約束された長命にあやかっていたのではないでしょうか。「予祝」というものですね。
「何を引かまし」というのは、「松と肩を並べるくらい長命な生物はいない」「松の代わりは存在しない」「松が一番、松が最高(他はまるで比較にならない)」という、松の長寿を賞讃する言葉ですね。
ところで、平清盛の長男である平重盛〔たいらのしげもり〕は、小松谷〔こまつだに〕というところに住んでいたので、「小松内府〔こまつのないふ〕」とか「小松殿〔こまつどの〕」と呼ばれていました。
壬生忠岑の和歌の「小松」の部分を「平重盛」に置き換えると、「平家の中で優れた人物は重盛しかいない、他は取るに足らない」という意味になります。
大蔵卿はこの和歌を鬼次郎に託して、源氏の公達(頼朝や義経)に伝えてほしいと言います。つまり伝言というのは、途中で誰か別の人の手に渡ってしまう危険があるので、暗号でなければならない。何も知らない人が読むとただの古歌に見えるけれども、その奥に隠れたメッセージが潜んでいるわけですね。「重盛以外は取るに足らない」「いくら兵力を整えても、重盛が健在のうちは戦ったら駄目」、それは誰にでも分かる情報ではなく、大蔵卿の地位でこそ見える状況であり、「兵法の極意の伝授」という本作の作意にも関わることなのでしょう。
和歌の意味が分からないと、なぜ一條大蔵卿がこの場に出てきて本性を表すのか、分からなくなってしまいます。

さて、高校生に和歌が聞き取れているでしょうか・・・?

« KABUKI by KISHIN | トップページ | オペラよもやま »

1 歌舞伎あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KABUKI by KISHIN | トップページ | オペラよもやま »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ