« ミュージカル | トップページ | 太夫の目 »

2018年1月10日 (水)

オン・マイ・オウン

私は、テレビって見ないんです。あんまり面白い事やってないですよね。地デジ化のタイミングで見なくなった。世の人々がテレビを見ている間に、私は仕事をしているわけなんです。編集の仕事は家でもできるので。

最近「働き方改革」なんていうことが盛んに言われますが、要するに「これまで払っていたような残業代は払えなくなった」という意味でしょう。何ですか、私の働き方が悪いから変えろっていう意味なんですか?
残業を減らしたかったら、仕事を減らしていただかなくては。

残業ね、残業。減らす気になれば、いくらでも減らせるんじゃないですか。しなければいいのでしょう。現に、働いていない人はいるわけですし。

テレビはほぼ見ていないのですが、旅行でホテルに泊まった時と、帰省した時には見るのです。
年末年始は、お笑い番組を見ますね。何組もの芸人が、ひたすらネタだけやり続ける番組。さすがによく準備されているから、面白いですよね。でも今回は新しい芸人が出てこなかったかな。

ところどころ、紅白も見たんです。今の歌って、歌詞の半分くらいが英語になってるんですね。歌っている人は英語を話せる人たちなんでしょうか?むかし「CAN YOU CELEBRATE?」という曲が流行った時、英語圏の人に通じない英語だって話題になったことがありましたけど・・・。

さて、オペラの世界では、1986年に藤原歌劇団が舞台に字幕を付け始めてから、徐々に原語上演が増えてきて、現在では日本語訳詞上演は極めて稀という状態になりました。一方ミュージカルは、ほとんどの作品が英語であるにもかかわらず(私たちが長年勉強し続けている身近な原語の英語であるにもかかわらず)、日本語訳詞上演が多い。「多い」というよりも、日本人が上演する場合は100%、日本語訳詞上演ではないでしょうか?なぜミュージカルは原語上演に移行しないのでしょう。

ミュージカルの日本語訳詞上演。
日本語を知らない人がカタコトの日本語で必死に歌っているように聞こえるんですよね・・・。
「道に迷えば見つけてくれるわ」「だけど道はある」「川もただの川」
不可解な日本語が続々登場。

なぜミュージカルは原語で上演されないのか?
それは、客が子供だからでしょう。
子供は字幕を追えませんからね。

よくシャンソンを歌っていた越路吹雪さんは、日本語訳詞にこだわってフランス語での歌唱に興味がなかったそうですが、フランス語で聞きたかったらピアフを聞けば良いわけで、日本語でなければ存在意義を失ってしまったのではないか、という気もします。

日本人が英語でミュージカルを歌う未来はちょっと想像できませんね。
日本人オペラ歌手は原語で歌っているのに。

シアターオーブができて、海外のカンパニーの来日公演が増え、ミュージカルの原語上演が増えている気がします。
しかし、『レ・ミゼラブル』や『ライオンキング』など、人気のある作品ほど、今後も原語上演は望めないでしょうね。日本人が日本語訳詞上演をしているうちは、海外のカンパニーは来ないでしょうから。

私は根がマニアックな体質なので、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌが歌う「オン・マイ・オウン」をいろいろ聞き比べてみたわけなのです。
原語を読んでから日本語訳詞の歌を何度も聞いていると、ヘンテコな日本語もだんだん気にならなくなってくる感じ。
英語、日本語関係なく、たくさん聞いたのですが、泣けるon my ownは本田美奈子さんのこの映像だけですね~。
  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=TJ5Q3d_FECY


この映像は、羽田健太郎(ハネケン)さんのピアノも本当に美しい。前奏の部分だけでも、速度や強弱が細かく変化しているのが分かる。そして、とてもゆっくり歌い出し、途中からテンポを速め、またゆっくりに戻っている。
本田美奈子さんは、声の音色を変化させて歌っていますね。この歌はかなり幼い恋の歌だから、あどけない感じで歌い始めて、歌詞の内容に合わせて強い調子に変わっていき、最後に戻っている。
こういう繊細な「変化」というものを、ミュージカルの舞台ではなかなか出せないみたいなんですよね。「縁などない」の後、こんなに長く沈黙できないですよね舞台では。
映画版でエポニーヌ役を射止めたサマンサ・バークスは、映画ではとても丁寧に演劇的に歌っていると思うけれど、その他のステージではすごく単調な印象。

youtube
に昆夏美さんの「オン・マイ・オウン」も出ていて、うまいとは思うのですが、美人すぎてかえって嫌味に見えると言いますか、いやアナタには近い将来素敵な人が現れると思うよ、という気分でござる。
それにしても昆さんは日本人としては驚異的な閲覧数ですな・・・。


« ミュージカル | トップページ | 太夫の目 »

6 ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージカル | トップページ | 太夫の目 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ