« 訂正いたします | トップページ | 実方の続き »

2018年9月13日 (木)

いろいろ

先日、能の『安宅』を見てきたのです。武田孝史〔たけだ・たかし〕さんの弁慶が、端正で素晴らしかったですね。能にはよく、シテがじっと動かず座ったまま時がひたすら過ぎていく場面がありますけれども、武田さんは座っているだけの場面でどうしてこんなに素晴らしいのだろうと思いました。
弁慶は頭に兜巾をつけているわけですが、明治の断髪令より前、たとえば江戸時代の能楽師は、弁慶を勤める時どのような髪型をしていたのでしょうかねえ?ふだん能楽師は髷を結っていたわけですよね。弁慶に髷は似つかわしくないですし、どうしていたのでしょう?

先日、玉川太福〔たまがわ・だいふく〕さんの浪曲『天保水滸伝』を聞いてきたのです。「鹿島の棒祭り」と「笹川の花会」でした。太福さんは、「浪曲界の若大将」なんて言われているみたいですけど、はるか期待以上に面白い口演でした。「利根の川風、袂に入れて、月に棹さす高瀬舟」なんて、もう最高ですね。最高。「名調子!」なんて声もかかっていましたが、高揚感といいますか、本当にうっとりするような唸りでしたよ。前回聞いた時は、そこまでとは思わなかったのですが、作品の名作度の違いですかねえ。
7月に講談の『天保水滸伝』を聞いたのですが、講談のほうはちょっと物語の場面設定の描写を端折り過ぎなのではないかと思いました。たとえば「鹿島の棒祭り」では、当日のお祭りらしさのようなものがあまり描かれていなかった気がするのです。

11月12日(月)に新宿の角筈区民ホールで、玉川奈々福さんと太福さんの姉弟会があるのですが、まだ良い席も残っているみたいですし、強力にオススメします。

オススメと言えば、今月の歌舞伎座・夜の部の中村吉右衛門さんの俊寛と、国立劇場小劇場・文楽公演の桐竹勘十郎さんの団七は、絶対に見逃さないでいただきたいんですよね。見て何をお感じになるか分かりませんが、とにかく間違いなく必ず見ておくべき舞台なのですから、強くオススメいたします。ぜひともよろしくお願いいたします。

« 訂正いたします | トップページ | 実方の続き »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 訂正いたします | トップページ | 実方の続き »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ