« 愚痴シリーズ | トップページ | 魔笛 »

2018年10月13日 (土)

印刷物の質の低下に関して

東京国立博物館(トーハク)に行きますと、『東京国立博物館ニュース』という無料の冊子が受付に置いてあります。特別展や総合文化展の名品が紹介されていて、行くと必ずもらうんですけれども。
無料なのにオールカラーで、いいですよね。美術作品を紹介するのですから当然カラーであってほしいですけどね。(国立劇場6館の催しを紹介する『日本芸術文化振興会ニュース』はオールモノクロ)

私が最近トーハクに行ったのは8月11日。びじゅチューン!とのコラボ企画を行っていました。幼児が騒ぎながら走り回っていて、それが子供向け企画の室内だけならいいのですが、総合文化展までも子供の遊び場みたいになっており、夏休み・冬休み期間中はもうトーハクに行かないほうがいいかなと思いました。

ところで、『東京国立博物館ニュース』の最新号(10-11月号)を友人からもらったのです。
3ページ目の「今号の名品」という記事に誤植がありました。

①1段目の8行目「竹村定之進」のルビ
    誤)じょうのしん → 正)さだのしん
②1段目の14行目
    誤)体面 → 正)対面
③2段目の7行目「邂逅」のルビ
    誤)げこう → 正)かいこう


誤植というのは昔からあるものですけれども、1ページの中に3か所もありますと、冊子そのものが信用できない気がしてしまいます。
そして②の間違いは読者もすぐに誤植だと気がつくタイプの、実害のない誤植であるとしても、③はわざわざ難しい言葉を使っておいて間違えているのはダサいと思いますし、①は普通の人が知らない情報を専門家として提供しているのですから、絶対に間違えられないところだと思うのです。

写楽の作品に「市川蝦蔵の竹村定之進」があり、写楽の中でも取り分け有名な作品ですから、専門家が「定之進」を読み間違えることはないと思います。

印刷物のルビは、執筆者が振るとは限らず、編集者が足す場合がありますが、それでも執筆者はゲラで確認するはずです。一体どうしたのでしょう?

新国立劇場の会報誌「ジ・アトレ」は、誤植が多いと私は感じています。
(たとえば10月号3ページ3段目の4行目で、ポジティブがボジティブになっています)

公立の文化施設は、印刷会社を入札によって選定していると思いますけれども、入札の選定基準は「価格の安さ」だけしかありませんので、必然的に小さな印刷会社と取り引きをすることになります。
価格が安いのですから、上質なサービスは期待できず、初校のゲラを見て驚く、全然指定どおりになっていない、という事態は昔からありました。
しかし近年、その度合いに拍車がかかって、ページを組むオペレーターに日本語が通じていないのではないか?と疑問に思うことが増えました。
営業担当の方とのやりとりは対面して行っていても、実際の作業は遠隔地で行われているのだと思いますが、その距離がどんどん遠ざかっているような気がします。

出来のひどい初校から、発行できる状態に持っていくまでの労力が、昔に比べて著しく増大していると思うのです。

東京オリンピックに向けての取り組み、あるいは外国人観光客の取り込み対策として、印刷物に英文を併記せよ、さらに多言語化を推進しろ、という指令が上から降りてくるのですが、翻訳料や印刷費は上乗せされても、編集者の人数を増やしてもらえるわけではありません。

母国語ではない文章の校正は可能なものなのか、私は不可能だと思いますが、誰でも簡単に出来るものと思われているのでしょうか・・・?
まだしも英語なら、明らかな間違いくらいは気づくこともありますが、中国語(繁体字・簡体字の両方)、韓国語、スペイン語、フランス語、言語がどんどん増えていき、
もう間違っていても仕方ないよね、という空気が職場に満ちていきます。

昔の編集担当者は、毎日深夜まで働き、終電を過ぎるとタクシーで帰宅ということもたびたびありました。
しかし現在は残業代もタクシー代も出ませんし、残業しないで早く帰れ帰れと周りから言われますので、みんな早く帰っていきます。
でも、そのことを誰も責められないと思うのです。だって対価が支払われないのですから。

そうした現状を見渡して、取るべき対策としては、「ページを減らす」「記事を減らす」「写真を減らす」ということが有効だと思います。
歌舞伎も文楽も、昔のプログラムはもっと薄いものでした。時代の変化に合わせて変わっていくのは、当然のことではないでしょうか?

« 愚痴シリーズ | トップページ | 魔笛 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愚痴シリーズ | トップページ | 魔笛 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ