« 必死のお願い | トップページ | 『慶安太平記』備忘録 »

2019年1月13日 (日)

新橋演舞場・夜の部

「鳴神」の冒頭で、「祭壇を建立しようとしたら許されなかったので龍神を滝壺に押し込めた」というようなことを言っていました?それでは上人がただの悪人みたいじゃないですか?上人は約束を反故にされたから怒っているのではないのでしょうか??

「雨が降らないのは凧揚げにはいいが、これから苗代時に向かって百姓が困るであろう」というようなことを言っていました?凧揚げは正月、苗代時って5月くらいなのでは??

「俊寛」の、「もしやと礼紙〔らいし〕を尋ねても」のくだりで、礼紙が登場しなかった・・・。と思って検索してみたら、包み紙のことも礼紙って言うんですかね?

「鏡獅子」の弥生の衣裳が綺麗でした。さすが成田屋。囃子方がすごい気合いが入ってました。

« 必死のお願い | トップページ | 『慶安太平記』備忘録 »

1 歌舞伎・公演の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 必死のお願い | トップページ | 『慶安太平記』備忘録 »