« オペラ公演の男性率 | トップページ | よもやま »

2019年2月19日 (火)

あれこれ

2月の文楽公演で「帯屋」が上演されていました。「帯屋」は人気演目で、わりとよく上演されますけれども、ここで言う帯屋が「帯を売る店」ではないってこと、知っていましたか?長右衛門は、預かった刀の研ぎを差配していますでしょう。客の注文を受けて、何かを調達したり、調整したりする店だったそうです。

繁斎の重要なセリフに、「油は繁斎、灯心は長右衛門」「暗いと言うては掻き立て」というのがあります。いま、行灯を使ったことのある人はいないでしょう。でも油や灯心は知っているでしょう。しかし、「掻き立て」という行為は、説明しないと分からないと思うんですよね。プログラムに、そういうことを解説してくれるページがずっと欲しかったんですよね。毎回同じ解説でもいいと思うんですけどね。(必要な説明が入っているならば)

ところで、くどいようですが、国立劇場の
5月文楽公演は必ず見てくださいね。必ず第1部・第2部を通してご覧いただきたいのです。片方だけ見るというのは残念な選択です。必ず両方、絶対に見逃さないでください。見せ場は第2部に集中していますが、第1部も頑張って見てください。名作『妹背山婦女庭訓』が、このように整った形態で上演されるのは、今回が最後なのではないかと私は思っております。どうか絶対に見逃さないでください。心よりお願い申し上げます。

« オペラ公演の男性率 | トップページ | よもやま »

2 文楽」カテゴリの記事

コメント

「今回で最後」とお考えになるのは如何なる理由に基づくことか、教えて下さい。
関西居住者ですので行けないのですが。
関西にいると、名作の人気の段は結構鑑賞できますが、通しものは今年の忠臣蔵くらいです。
妹背山はやっと無理をしてDVDを入手したもので、今後上演困難とは残念です。


今後も部分的に上演することはあると思いますが、通しでの上演は「配役が難しい」「集客が難しい」ために、非常に困難になると思います。


みてきました。大変な力作、力演でした。平成22年ときの通しのときもみたのですが、改めて通しで見ると、弱い部分とよくできた部分がよくわかると同時に、2部が大変良く理解できました。中堅の皆さんがよく頑張っていて頼もしく思いました。大歌手がキャンセルして新人が穴を埋めて成長する話がありますが、今回、役が演奏家を育てる面が伝統芸能にもあるような気がしました。


私はこれから拝見いたします。
第1部と第2部を同じ日に続けて見る予定なのですが、別の日にしたほうが賢明だったかなと心配しているところです。

若い技芸員の方々も頑張っていらっしゃいますね。楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オペラ公演の男性率 | トップページ | よもやま »