« 豪奢な建造物 | トップページ | 日本という国 »

2019年4月21日 (日)

アメリカという国

小学館の雑誌『和楽』に、玉三郎さんの随想が掲載されています。気が付いたら買って読んでいるのですが、たまにしか発売されない雑誌なので、買い忘れてしまうこともありますね。
玉三郎さんは、アメリカ文化に強い影響を受けていらっしゃるみたいです。私の印象では、今の六十代の方々は、アメリカからの影響を非常に強く受けているようです。

私は昭和46年の生まれですが、アメリカ文化の影響はあまり受けていないと思うんですね。もちろん間接的には多大な影響があっただろうと思いますが、直接的には何もないです。本も、映像も、音楽も、笑いも、踊りも、何も。
(ちなみに両親は戦中の生まれ)

私が持っているアメリカのイメージは、まず「日本に原爆を落とした国」でした。
それから「隣にいる人が拳銃を持っているかもしれない国」「犯罪率が高い国」。
あまり関心がなくて、どちらかと言えば悪いイメージしかない感じ。
アメリカへの憧れがない。


私が幼少の頃に影響を受けた文化と言いますと、「8時だヨ!全員集合(ドリフ)」「世界名作劇場(ハイジ、フランダースの犬、母をたずねて三千里、ラスカル」「ウルトラマン」「ゴレンジャー」「ドラえもん」「タイムボカン」「ザ・ベストテン」などです。特に「ウルトラマン」と「ドラえもん」には強い影響を受けました。(ディズニーの影響は全くない)

これまでアメリカには5回ほど旅行に行ったことがあります。それはアメリカを見に行ったわけではなく、「アメリカが輸入したヨーロッパの文化」を見に行ったのです。パヴァロッティの生声とか、ゼッフィレッリのオペラ演出とか、モネとか、フェルメールとか。
(ミュージカルもいくつか見ましたが、旅の動機ではない)

ニューヨークは工事中
いつ行っても工事中

マンハッタンは、街のそこらぢゅうで、足場みたいなのが組んであって、工事中なのかな?と思う。でも工事しているわけではなくて、仮設のアーケードみたい。綺麗じゃないです。
(見たい建築はない)

そして、やはり怖い。
(これまで私が行った中で一番怖かった街はバルセロナかな)

世代が違うと、文化的な背景が全く違うのだなあと思った次第です。

« 豪奢な建造物 | トップページ | 日本という国 »

コメント

そう言えば、私もアメリカの曲はほとんど聴きに行ってないですね。ストラビンスキーは生粋のアメリカ人ではないですし。ジョン・ケージの『4分33秒』あたりでも聴きに行きますか?冗談、冗談!!  ところで先週の「スイス・ロマンド管弦楽団」に引き続き(4/13付記事「清水次郎長伝」に投稿した4/14付hukkatsコメント参照)、昨日土曜日、また池袋の芸術劇場に行って来ました。前回は遅刻をしてしまったのですが、同じ失敗はしないように早く家を出たので、余裕をもって着くことが出来ました。大野和士指揮の東京都交響楽団定期演奏会(2019.4.20.土14h~)、今回の曲目はとてもポピュラーというか広く知られた二曲、①グリーグのピアノ協奏曲イ短調op.16と ②ベルリオーズの幻想交響曲op.14でした。グリーグはノルウェーの作曲家でピアニストでもあり、あの天才グールドの割と近い縁戚(母方)に当たります(グールドの実母が声楽家でピアノも弾いた様です)。①の演奏ピアニストはロシアのニコライ・ルガンスキー(以下Luと略記、ロシア人民芸術家の称号付与)でしたが、相当力量がありました。座席がピアノに十分近い位置だったので、ピアノ演奏を聴くにはいい位置だけれど、オケの音がうるさい程ではなかろうか?と演奏前には思っていたのです。しかし前過ぎたせいなのか舞台が高いせいなのか、頭の位置はピアノの脚の高さ(オケ奏者の椅子の座部辺り)でピアノを見上げる様な席でした。従って響板の反射音のかなりの部分がきっと頭の上を通り過ぎて行ったのでしょう? Luの演奏の立ち上がりは余り迫力を感じない。オケも弦奏者は目に入るがフルート、オーボエ、クラリネットなど音はすれども姿は全く見えず、その背後の金管群、打楽器群は全然見えない。フルオーケストレーションの音も左程気になる程大きい音ではない。聴き慣れた調べが割と早いステップで耳に心地良く入って来ました。でもピアノはやや性急かな?リヒテルの録音など聴くと、冒頭のティンパニー、オケに誘導される冒頭の有名なメロディーは、もっとゆったりとおおらかに演奏して、広い景色を見ているような感じがします。中間部のアレグロのフォルテの部分も最後の部分も演じる姿は相当力を入れている様が窺えるが、それ程ピアノの音はガンガン響いてこない。それにしても第1楽章33、37小節目のピョコタン、ピョコタン、ピョコタン、ピョコタンと下降する箇所は、ショパンのコンチェルト1番第3楽章の最初の方のメロディーとちょっと似ていません?ショパンの影響も受けているのかな?「北欧のショパン」と呼ばれた位ですから(下記注のピアノ・ソナタホ短調作品7の第1楽章を聴くと何となくブラームス的響きがある様な気がします。グリーグは生まれも亡くなったのもブラームスの10年遅れ位ですね。) さて第2楽章は比較的短いがゆっくりと安定したテンポの旋律で、最後は消え入るろうそくの光の様に音が遠ざかる。Luの音楽性の良さ、表現力を感じさせた楽章でした。3楽章は冒頭から早いステップの強弱織り交ぜて演奏したLuは、腕を思い切り振り下ろし振り上げて体全体を使って弾いていた。中間はゆったりとなめらか最終部分はさらにアレグロの力一杯の演奏でオケも負けずフル稼働、3楽章にきて初めて音が大きすぎるかなと座席位置の弱点を感じることが出来ました。会場を埋めた聴衆の万来の拍手と掛け声が響き、自分も力一杯手を叩いていた。声援に答えるかのように再び席に着きアンコールを弾き始めた曲は、こんなにいい曲があったのかと思う程の、しっとりした穏やかな中に何かを訴える感じを起こさせる曲でした。メンデルスゾーンの無言歌Op85No4「Elegy」、お恥ずかしながらこれまでこの曲に巡り合ったことはありませんでした。これを新しく知っただけでも大きな収穫!! 全体としての感想は、なかなかの力演で技術もしっかりしているし、音楽性もいいし、まだ50歳前の脂ののった年頃であり、これから益々活躍、精進して巨匠への道を歩んで欲しい。欲を言えば、音一粒一粒に(銀シャリのテカリの如き)艶やがもっとあればなーと感じた。曲全体が一層輝きを増したことでしょう。
それにしても、グールドだったらこのコンチェルトをどのように弾いただろうか?一度聴いてみたい気がします。(グールドのコンチェルトの録音ってあるのかな?ピアノソナタ*はある様ですが。自分の近親の子孫の名ピアニストに演奏されるなんて、グリーグは生き返る程喜んだことでしょう。*グリーグ:ピアノ・ソナタホ短調作品7(1971.3.13&14録音)
 休憩の後続いて第二部は、フランスの大作曲家ベルリオーズ(以下Beと略)の「幻想協奏曲」でした。Beはショパンより10年弱早く生まれショパンより20年も長生きしたのですね。(もっと長生きした同時代の作曲家は、ロッシーニ、Beとほぼ同じ頃亡くなり、10年も前に生まれた。)Beの経歴を見ると音楽を学校で学んだのではなく基礎知識は医者だった父親から、作曲はその後独学で習得したそうです。すごい才能ですね。パリで医学を学ぶうちにオペラ座に出入りするようになり、医学を捨てて音楽の道を歩み始めたというのですからこれは現代でも日本でも良くある話です。その後も独学で作曲を学びその後、パリ音楽院に進んだ訳です。相当の努力家でもあったのです。こうした人生の歩みが曲風に大きな反映をしているのでしょう。「幻想交響曲」もその代表作です。詳細は省きますが、‘Épisode de la vie d'un artiste’と原題にある様にBe(=un artiste)の体験が元となっている。この曲の不気味さを強調して語る人もいますが、初演時のプログラムに付けたLu自身の解説により、固定観念が植え付けられたとも言えなくない。第4楽章の雄大な金管の響きはそれほど暗い感じはしなかったし最後の断頭に処せられるという、ティンパニーに続くトランペットのファンファーレも、祝祭的な感じがしないでも無かった。戻って第一楽章の冒頭の弦のゆるやかで静かな響きは「La Dame aux Camélias」前奏曲(若しくは終曲)の冒頭の調べに似ていると思ったし、中間部のホルンや弦の速い動きも、最終部分のクラリネット管・弦の力強い上り調子のアンザンブルに続くティンパニーの響きも、透明な和音のつらなりで非常に親しみ易く心の安定感さえ感じた。最終部分のVnとホルンのppで奏でる音が静かに消え入るなど眠りを誘う如き調べであった。まー作曲者が語る曲想の方が正しいのは当たり前なのでしょうけれど。第2楽章はハープの後に続いてVnの独奏に近いような有名な調べで始まった。男性コンサートマスターは身をひねったり折り曲げたり優れた音で奏で、彼は他の部分、特に最終楽章でも一生懸命、力の限りという様子で弾いていた。他のパート、第2Vn やビオラの首席も独奏に近い主旋律を、力を振り絞って弾く感じで、チェロもコントラバスも同様。席から全然見えなかった金管奏者も音から判断して全力で吹き、打楽器も力一杯の処はきっと体全体を使って打ち鳴らしていたのでしょう。総じて大野オーケストラはメンバーそれぞれが、見事に力を出し切ってLu の曲のすばらしさを表現したと思います。思わず大拍手を奉げていました。


世界には、知らない芸術家がたくさんいるのでしょうね。特にロシアは多そうですね。
ルガンスキーの演奏をYouYubeで聞いてみましたが、派手さはあまり感じないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪奢な建造物 | トップページ | 日本という国 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ