« 『鵜飼』あれこれ | トップページ | あれこれ »

2019年4月14日 (日)

ファントムなメナス

生の舞台を見ることを優先しているので、これまで映画はあまり見ていません。有名な作品くらいは一通り見たいとは思っているのですが、いつでも見られると思うと、後回しになってしまいます。

『スターウォーズ』も、1作品しか見たことがありません。1999年に公開された「エピソード1」です。(それほど面白いと思わなかった)

『スターウォーズ』はシリーズものなので、副題が付いていますね。(「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」など)
「エピソード1」には「ファントム・メナス」という副題が付いていました。私はこの副題に軽いショックを受けたのです。十中八九、と言うよりほぼ十中十の人が知らない言葉をサブタイトルに持ってくることが不思議でした。

『スターウォーズ』にはこれまでの興行実績があり、「エピソード1」というだけで充分に集客が見込めるので、おそらく副題に「訴求力」を持たせる必要がなかったのでしょう。他の作品と区別するための記号、識別子のようなものになったのかなと思いました。

そして、この映画に興味がない人は別にいいのですが、この映画を見る日本人は2種類に峻別されると思ったのです。すなわち、「ファントム・メナスの意味を考える人」と「考えない人」の2種類です。

「ファントム・メナス」というのは、ウィキペディアで見ると「見えざる脅威」と紹介されています。でも昔はウィキペディアはありませんでした。自分で辞書を引いたりして考えたものです。

私はしかし、実は「考えない人」のほうが多いのではないか、という疑いを持っており、自分がそちらに入るのは真っ平だと思っているのです。


« 『鵜飼』あれこれ | トップページ | あれこれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『鵜飼』あれこれ | トップページ | あれこれ »