« 藤原歌劇団《ランスへの旅》 | トップページ | 《ランスへの旅》あれこれ »

2019年9月 9日 (月)

二期会《清教徒》

二期会の《清教徒》を聞きに行ってきました。(9月1日、みなとみらいホール)
演奏会形式だったのですが、歌手がオーケストラの後ろ側で歌いました。それは開演してから「前じゃないのか!」とびっくりしたのです。私は1階1列目の中央の席でしたが、オーケストラの人たちに視界を遮られて、歌手の姿がほとんど見えませんでした。
座席の位置というのは人によって好みが分かれます。私は歌手の表情もしっかり見たいですし、音響的にも直接音が好きなので、前方の席を選びます。気合を入れて発売日にチケットを取ったのです。歌手の顔が見えないって、酷くないですかね?見えない場合は事前に告知するものなのでは?

みなとみらいホールは、オーケストラの音は綺麗に聞こえるのですが、歌手の声は残響が多すぎと感じました。
かえって《清教徒》のオーケストラって、こんなに綺麗な音楽だったんだなあと感動しました。(古い録音のCDで慣れ親しんでいる作品なので)
また神奈川フィルの演奏がたいへん素晴らしかったのです。プログラムに名前は書かれていませんでしたが、私はずっとコンサートマスターの演奏を見ていました。《清教徒》って、こんなに複雑な演奏だったんですね。神奈川フィルはよく準備されていました。

アルトゥーロを歌った大澤一彰さんは、ハイFの高音を朗々と出していました。プログラムには「通常は歌われない高音」と書かれていましたが、私が生で聞いたアルトゥーロは、たいていハイFを出しています。
曽我雄一、セルソ・アルベロ、藤田卓也、中川正崇、出していました。ジュゼッペ・サッバティーニは出していなかったと思いますが・・・。
でも大澤さんは事前に「出します宣言」をしていたから、すごいですよね。

指揮の森内剛さんは素晴らしかった。久しぶりで好きな作品を聞くことが出来て感激しました。

« 藤原歌劇団《ランスへの旅》 | トップページ | 《ランスへの旅》あれこれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤原歌劇団《ランスへの旅》 | トップページ | 《ランスへの旅》あれこれ »