9 能楽

2019年4月13日 (土)

『鵜飼』あれこれ

久しぶりに、能『鵜飼』を見てきました。
番組の中に解説の時間が付いていたのですが、「うがい」ではなく「うかい」と言っていました。「鵜使い」は「うづかい」ではなく「うつかい」と言っていました。「三卑賎」は「さんぴせん」ではなく「さんひせん」と言っていました。
※三卑賎=『阿漕』『善知鳥』『鵜飼』

この『鵜飼』の謡の中に、「鉄札〔てっさつ〕」という言葉が出てきます。浄瑠璃『菅原伝授手習鑑』の「寺子屋」にも出てきますね。

今〔いま〕、浄玻璃〔じょうはり〕の鏡にかけ、鉄札〔てっさつ〕か金札〔きんさつ〕か、地獄極楽の境〔さかい〕。

この「今」というのは「now」「今ここで」ということでしょう。
「浄玻璃の鏡」というのは、閻魔大王のもとで裁きを受ける時に、生前の行いが映し出される鏡のこと。「そら、お前はこれだけ悪いことをしたのだから、地獄へ落ちるのは当然だろう」と本人に認識させるためのものなのではないかと思いますが…。
そして、生前の悪行が記されているのが「鉄札」で、善行が記されているのが「金札」なのだそうです。1枚に1つずつ記されている。しかし、「鉄札のほうが多いから地獄行き」とか、「金札のほうが多いから極楽行き」とか、単純な数の問題ではないみたいです。『鵜飼』では、鉄札が無数にあって、金札がたったの1枚だったのに、救われることになった。その1枚だけの金札というのが、「一晩、旅の僧を泊めてあげた」っていうことなのですが、なぜ旅の僧を泊めてあげると救われるのか?

現代では、知らない人が突然やって来て「泊めてください」と言っても絶対に泊めないと思いますが、江戸時代などはわりと泊めてあげたのだそうです。「みんなが旅の苦労を知っていた」ということもあると思いますし、「お互い様」ということもあるでしょうが、宗教的な理由も大きかったみたいですね。「困っている人を助けることによって、困っている自分がいつか助けられる」ということではないでしょうか。
また仏教では、特に僧侶を大切にもてなすことが重要視されています。「仏法僧〔ぶっぽうそう〕」「三宝〔さんぼう〕」などと言って、仏と法と僧の3つが大切なのです。「仏の大切さ」と「法の大切さ」は誰でも分かると思いますが、僧がなぜ大切なのかというと、仏の教えを理解し、実践し、広める役割を担っているからでしょう。宗教というのは「教え」なので、教わらないと分からないのです。自分で考えついたら教祖様になってしまいます。そんな人は数百年に1度しか現れません。別に、僧が自分たちに有利になるように三宝の中に僧を組み込んだわけではないのです。僧がいなければ教えも存在できない。全ての僧侶は人々を救いたいという心を持っているがゆえに仏教を広めようとするわけでしょう。しかし、縁なき衆生は度しがたいのです。仏縁があれば救われるのです。鵜飼の男は自分で仏縁を作っていました。

ところで、あなたの金札はいま何枚ですか?私の金札ははたして何枚ありますかねえ…。(思い浮かばない)

2019年2月11日 (月)

中正面

2月10日(日)、喜多能楽堂で行われた三世茂山千之丞襲名披露公演に行って来ました。

私の隣の席のおばさんが、上演中ずっとメモを取っていて、気持ち悪くて死にそうでした・・・。去年の12月末にも、やはり狂言の会で、メモを取っている人の隣だったことがあった。そういう気持ち悪い人が流行りなのでしょうか?まあ、どのジャンルにも変な客というのはいるものだと思いますが・・・。

この公演の切符を電話で予約した時、一般発売開始の10時きっかりに電話がつながって、この声は童司さんご本人なんじゃないかな?と思ったのです。(確かめませんでしたが・・・)
その時の予約番号が90番だったのですが、たぶん前日の会員発売で89人が予約したわけでしょう。1人2枚ずつ予約しても180枚くらいでしょう、これは結構良い席が取れたんじゃない?なんてニヤニヤしながら待って、届いた切符を見てみたら、中正面だったんです。中正面・・・??

私が中正面で見るのは、人生で2回目だったのではないかと思う。基本的に正面席の前方でしか見ないんです。脇正面にも数回しか座ったことがありません。前回、中正面で見た時は『関寺小町』をどうしても見たくて、もうどこの席でもいい!というので中正面に座ったのでした。
普通だったら取らない中正面席。

中正面というと、お金のない学生とかが仕方なく座る安い席、というイメージです。千之丞襲名は全席均一料金なのに中正面席、がびーん。
さすがに人気があるんだなあ、見られるだけ幸運と思わないといけないなあ、しょぼーん、と思っておりました。

ところが、実際に座ってみますと、目付柱は全然気にならなかった。意外にも、なかなか良い席だったのです。
考えてみれば、正面席に座っていても、一の松が見えなかったり、揚幕が見えなかったりするのはよくあることで、どの席に座ってもどっちみち見えない瞬間はあると思うのです。
そして狂言の場合、仕手柱と脇柱を結ぶ対角線上で会話が交わされることが多いので、必然的に、中正面に向かって演技が展開することが多いようなのです。
この場面は、私に向かって上演されているのではないかしらん、と思うようなこともありました。とても良い席だった。
でも、ちょっと位置がずれると、名乗りが全く見えないとかいう酷い目に遭いそうな気もしましたが。

だから、座席の位置も実際に自分が座ってみて、経験によって好みが出来てくるのではないかと思いました。

能の場合は、「遠く橋掛かりの向こうから霊がこちらにやってくる」という雰囲気を味わいたいので、やっぱり正面席の脇柱寄りがいいかなあと私は思うのですが、どうですかねえ。

横浜能楽堂の館長をしていた山崎有一郎さんは、中正面が一番だって仰っていたそうですけど・・・。
内田樹さんは、いつも脇正面だそうです。

いくら好みの席などと言っても、自由に席を選べるような公演はない(というかそういう公演には行かない)わけですが・・・。

新千之丞さんの「花子」の装束を、ニッポン画家の山本太郎さんが描いたそうで、開演前に装束が展示されていました。

ニッポン画家・山本太郎
洒落ている・・・。

新作の「二人山伏」がすごく面白かった!配役も素晴らしかった。島田洋海さんのトボけた味わいが光っていました。

千之丞さんは、すごく二枚目な感じでした。狂言師に二枚目っていうのも変ですけど・・・。真面目な好青年という感じ。(実際はどうか知りませんが)

私は、先代の千作・千之丞ご兄弟は1度しか生で見たことがないですねえ。すごいインパクトでしたよね・・・。

2018年12月16日 (日)

坂口貴信之會

今日、観世能楽堂で開催された「坂口貴信之會」に行ってきました。『隅田川』が誠に素晴らしい上演でした。坂口さんは声域の幅が広く、また謡に感情が乗る人です。他の人はこんなに感情を出しませんし、今日の坂口さんのような演技が能のやり方として正統なのかどうか私には分かりませんが、役柄の置かれた状況としては、このくらい強く演じて当然という気がしました。たいへん鮮烈な演技でした。地謡も白熱していました。
私の隣に座っていた爺さんが、舞台上から音がやんですぐに鞄のチャックを開けたり閉めたり、アンケート用紙をガサガサしたり、もう自分で聞こえていないのだと思いますが、日本のお年寄りというのはどうしてこんなに行儀が悪いのでしょうかねえ?一番行儀が悪いジャンルが能とオペラだと思うのです。

2018年12月 2日 (日)

お・も・て・ナ・シ

昨日は高橋忍さんの会、今日は佐久間二郎さんの会に行ってきました。(共に国立能楽堂)
昨日「邯鄲」を見て、今日「鉢木」を見るというのは、なかなか乙なものでした。「鉢木」の中には「邯鄲」のことがちょっと出てきますからね。
そして今日、狂言「木六駄」と能「鉢木」を同じ日に見られるのも洒落ていました。

今日は国立能楽堂の広間で和菓子が販売されていて、「鉢木」にちなんだ梅・桜・松の和菓子セットがありました。練り切り・上用饅頭・きんとんで梅・桜・松をかたどったもの。このように上演曲目に因んだお菓子は心がときめきますね。買おうかと思ったのですが、1人暮らしに和菓子3つは食べられないので、やめておきました。おもてなしする人もいない、侘びしい生活でございます。

2018年9月 1日 (土)

そんなの邯鄲

私は今46歳ですが、14歳の頃から中島みゆきファンなのです。暗い少年だったのですね。そして「夜会」は第2回から全て見ています。第1回の時も行きたいとは思いましたが、まだ私が子供すぎて、全く行ける状況ではなく、チケットを取ろうともしませんでした。ですから、チケットを取ろうと思った第2回以降は、取れなかったことがないわけです。この「夜会」は、現在は赤坂Actシアターで上演されることが多いですけれども、当初はシアターコクーンという小さな劇場で、客席数が極端に少なかったため、ファンクラブの会員でさえ3割くらいの人しか見られなかったのだそうです。私はこのチケットを取るために人生の運を全て使ってしまったのではないかと思うくらいです。
そうして回数を重ねている「夜会」ですが、私が一番感動したのは、何と言いましても第3回の「KAN-TAN(邯鄲)」です。これは、能の「邯鄲」から着想を得た、恋愛の歌物語でした。

「邯鄲」という曲名の発音は、頭の「か」にアクセントが付けられるのが一般的です。これは文字を見ているだけでは分からないわけですが、能楽師がトークショーなどで実際に口にするところを何度も聞いたことがあります。

関係ありませんが、舞台のチケットを取る時「カンフェティ」というサイトを利用することがありますけれども、このConfettiという言葉は「紙ふぶき」という意味だそうです。「カンフェティ」を声に出す時、頭の「カ」にアクセントを置く人が多いようなのですが、confettiを辞書で引くとアクセントはfeに付いております。文字で見ただけでは分からないわけですが。

confetti
の場合は辞書を引けば正しいアクセントが分かりますが、「邯鄲」はもともと中国の地名なのですから、日本人が「かんたん」をどのように発音してもそれは中国人にとっては間違いなのであり、すなわち正しいアクセント、間違ったアクセントというものはないのではないかと私は思うのです。
なぜこのような話をしているのかと言うと、「邯鄲」は、「簡単」という言葉と掛詞になっていると思うからです。
何が簡単なのかと言うと、悟りを開くことが簡単だとこの能は言っているのです。
人が悟りを開くと聞けば、何か難しい、遠い世界のことのように思うかもしれませんが、それは単に「気づくか」「気づかないか」というわずかの違いであり、何もテストで満点を取れとか、100メートル走で10秒を切れなどと無理なことを言われているわけではなく、何の準備もなくても、誰でも、今日にでも悟りを開けるのです。気づきさえすればそれは簡単なことなのです。

それでは盧生は、何を悟ったのでしょうか?この世の空しさを悟ったのでしょうか?欲しいと思っていた、そういうふうになりたいと思っていた、その世界を夢の中で自分が体験して、「いらない」と気づいたのでしょうか?もう欲望が消え去ったのでしょうか?実際に体験すると欲望は空しいのでしょうか?悟りとは欲望を消し去ることなのでしょうか?

欲望は悟りによって消え去るでしょうか?空腹は悟りで消え去るでしょうか?

中島みゆきの「KAN-TAN」で提示されたのは、悟りによって欲望が消えるということではなかった。
・欲しいものが手に入らない→不幸
ということになると、人はずっと不幸でいなければならない。
「欲しいものが手に入らなくても、不幸とは限らない」という価値観の大転換を示したところに、私は感動したのでした。

能の「邯鄲」は、若手能楽師にとって憧れの曲のようで、わりと頻繁に上演されます。
私も何度か見ていますが、盧生が夢から覚める場面は演者によってだいぶ演り方が異なり、すごい迫力の時もあれば、そうでもない時もあります。林宗一郎さんの「邯鄲」は、この場面が実に見事でした。素晴らしかった。

2018年7月 8日 (日)

能『忠度』 誰を主と定むべき

ユーミンこと松任谷由実さんが、よく「詠み人知らずの歌になりたい」と仰います。つまり、自分が死んだ後も、自分の作った歌が歌い継がれて、やがて誰が作った歌なのかさえ分からなくなってもまだ歌われている、そういう状態が理想だというわけです。

和歌には素晴らしいものがたくさんあり、誰でも多少なりとも暗唱しているだろうと思いますが、では「その歌は誰の作か?」と問われたら、意外と覚えていないものではないでしょうか?

能の名作は、作者が不明であることが多いですね。推測は出来ても、断定することが難しいようです。作者と演者が同じである場合もあったし、違う場合もあったし、他の人が演じても良くて、自分の作であることを主張しなかった。そもそも能は、一から十まで作者1人が作ったというわけではなく、先行文学を編集して舞台のために立体化したという面がありますし、「私の作です」と記すのが憚られたのではないでしょうか。

能を見ておりますと、仮面劇であるということも関係していると思いますが、誰が演じたのか覚えていないことがありますね。「良い熊野だった」とか、作品の良さで覚えていると言いますか・・・。

文楽公演の番付で、浄瑠璃作者の生涯を紹介していく連載記事を企画したら、却下されてしまったことがありました。調べても分からないし、それを書ける人もいない。作者のことなんて誰も気にしていなくて、名前の読み方さえはっきりとは分からない作者もいるそうな。

まあでも、名前が残るより作品が残ったほうが、作者も嬉しいのじゃないだろうか。

平忠度は、文楽『一谷■軍記』の登場人物として知っていましたけれども、作品が未完であるために、忠度の件りはあまり上演されません。完成していたらどんな謎解きが盛り込まれていたのでしょうか。
『一谷■軍記』の忠度は、自分の歌が勅撰集に入ったことを知って満足して戦地へ向かいますが、能の忠度は満足しなかった。勅撰集に入った自分の歌が「詠み人知らず」とされたことに不満で、現世に戻って来てしまうのでした。
『平家物語』では、「その身朝敵となりぬる上は、子細に及ばずと云ひながら、恨めしかりし事どもなり」と書かれているそうです。これは、忠度が「恨めしい」と思ったのではなく、『平家物語』の語り手が思ったのであり、何が恨めしいのかと言えば、「たった一首だけだったこと」「名前が伏せられたこと」であるらしい。忠度自身は、『千載集』に入ったのが一首だけだったことも、詠み人知らずとされたことも、知らぬうちに死んでしまったのだ。それでも能では妄執により忠度が姿を現す

しかし、能の忠度は、結局のところ成仏して消えていったのではないかと思う。最後に「花こそ主なりけれ」とありますが、桜の咲かない国には桜の歌も生まれませんし、その歌は桜が詠ませたのだとも言える。どんな歌も、その時代にその場所にいたという状況が人に詠ませるのであり、桜の歌の主は桜と思えば、やがて歌人も桜の花と同じように、自然へと帰って行くのだろう。

2018年6月15日 (金)

「能楽妄想ナイト」6次元

荻窪にある「6次元」という名のブックカフェで行われた「能楽妄想ナイト」に行ってきました。表に店の看板も出ていない怪しいカフェ。お客は室内にぎっしり40人くらいでしたでしょうか。出入口が開閉できないくらい客が入って、さらに遅れて来た客が後から後から登場して、狭いよう~。
観世流能楽師の谷本健吾さんと川口晃平さんが4年くらい前からやっているトークショーで、毎回ゲストが来ることになっているらしい。今回のゲストは喜多流の大島輝久さんでした。大島さんは頭が良く話も面白い。
谷本さんはあまり喋っていなかった。
川口さんは能楽師らしい低くゆったりとした話し口が印象的でした。

「藤戸」の前シテの漁師が杖をついているのは、高齢のためではなく(実際は若者)、三途の川の瀬踏みをするためなのだそうです。そういうことは教わらないと分からないから、へえ~と思って、面白かったですね。
現在の中国の邯鄲にあるホリデーインの画像とか、そのホテルのベッドの画像なども紹介されて愉快でした。

お客は圧倒的に女性が多く、男性はたった2人だけだったかな・・・。能楽の客というと、男女半々くらいのイメージでしたけど、この会の特性によるものなのでしょうか。
面白かったけれど、とにかく肩身が狭いので私はもういいかな。

(国立能楽堂で行われた「三人の会事前講座」は別の用があって行けませんでした)

2018年5月14日 (月)

狂言「釣狐」

先週11日(金)に、大阪の大槻能楽堂で、狂言「釣狐」を見ることができました。
長い間ずっと見たいと思っていたのですが、上演頻度が極端に低く、これまで見る機会がありませんでした。私が能楽を見始めてから野村太一郎さんが1度なさったと思いますが、その時は見られませんでした。く、悔しい、しょぼん・・・。
しかし、ついに!「釣狐」を見る機会が私にもやっと訪れたのです。しかもすごい良い席でした。ちゃんと生きてこの日を迎えられるのかなと思ってドキドキしてしまいました。

「釣狐」にしても「花子」にしても、有名な人気曲なのに見る機会がなくて、もっと頻繁に上演すればいいのにと思っていたのですが、今回にしても稀曲なればこそ遠くまで見に行ったわけですし、長い人生の後ろのほうに、そのような新鮮なときめきがまだ残されているのも悪くないと考え直しました。
そして茂山逸平さんの「釣狐」は本当に素晴らしかった。感激しました。

能舞台って、座席の位置によって舞台の見え方が全然違ってくると思いますが、今回私が見た席は、目の前に狐の罠が仕掛けられ、餌を取ろうか迷う狐の向こうに猟師の顔が見えるという、最高の位置でした。他の席の人はちゃんと見えていたのかな?私はこういう種類の幸運のために他の種類の幸運を全て使ってしまっているのではないかと思うくらい絶好の席でした。でもやっぱり今回も隣の席のおじさんは気持ち悪かったけれど・・・。

能楽師や狂言師は、演じながら、どの席から見ると自分がどう見えるのか、180度くらい把握しているのでしょうかねえ?
私が能楽を見るのは、ほとんどいつも正面席からなのですが、「鵺」とか「殺生石」が脇正面から見るとどう見えるのか、ちょっと分からないんですよね。1度見たいと思っているんですけれども。
「離見の見」って、どういう状態を言うのだろう?

花道に立った歌舞伎俳優は360度全方位に向けて美しくないといけない、そういうことを考えて形を組み立てないといけない、というようなことを前の芝翫さんが何かの本に書いていらっしゃいました。

来月は逸平さんの「花子」が見られる予定。無事であれば。

2018年5月 7日 (月)

観世会定期能5月

観世会の定期能を見てきました~。

観世の定期能はむかし3番だったのが2番になってしまいましたが、3番上演するとあいだに昼食を挟むことになり、新しい観世能楽堂は食事をする空間がないので、物理的に無理な感じですね。思い返せば松濤は良き時代でありました。

『朝長』が名演でした!出演者が揃っていて素晴らしかった。やはり能というものは名作を名演として上演する責務があるわけですが、こんなのがいつまで見られるのかなと思って切なくなりました。

朝長は実在の人物ですが、膝を矢で射貫かれたというくらいしか逸話がなく、他の英雄豪傑に比べて個性が弱いと感じますが、それにもかかわらず人の心を引き寄せるのは、彼の最期の言葉、「ただ返す返す御先途をも見届け申さで、かやうになりゆき候ふ事、さこそ言いかひなき者とおぼしめされ候はんずれども、路次にて敵に逢ふならば、雑兵の手にかからん事、あまりに口惜しう候へば、これにてお暇賜はらん」、この健気さによるものではないでしょうか。
前シテの青墓の長者が、この朝長最期の言葉を口にする時、にわかに朝長が長者に乗り移ったかのような、はたまた長者の心が朝長に乗り移ったかのような、得も言われぬ不思議な声の変化が起こり、舞台の緊張が頂点に達しようとしたところ、私の隣の席の婆さんが急に飴玉のビニール袋をビリビリと破り始め、咳が出始めたら飴を食べても良いと思っているらしいけれど、私は許しません。咳が出てしまうのは仕方がないから許すけれど飴は仕方なくないから許さないです。見所は飲食禁止です。

今回、『朝長』を拝見していて、「死の縁」という言葉が特に心に残りました。朝長の死があったから出会ったシテとワキ。そして私たち観客。
この『朝長』という名作は作者不詳だそうですが、成立してから今日までのあいだに、一体何人の人が父や母のような気持ちになって朝長の死を悼んだことでしょうか。
私が死んでも誰も気に留めないと思いますが、朝長は大勢に弔ってもらえて、すごいですねえ。
いいなあ本当の観音懺法。

2018年5月 5日 (土)

三代能

咲いた桜に雨が降るのは、雨に心がないせいでしょうか。それとも雨に心があるせいでしょうか。

今年1月・2月の歌舞伎座で白鸚、幸四郎、染五郎の三代同時襲名がありましたが、能楽の世界では5月3日に「三代能」という公演があり、喜之、喜正、和歌という親、子、孫が出演して、襲名ではありませんが、孫の和歌さん(7歳)の初シテでした。
昭和50年4月に、1つ前の「三代能」で喜正さんが初シテを同じ曲(『合浦』)で勤めたのだそうです(4歳)。
私は1つ前は見ておらず、また次があったとしても見られないと思いますが、今回たいへん珍しいものを拝見し、ご同慶の至りでございます。

43年前の「三代能」で上演した3曲、すなわち『鷺』『熊野』『合浦』が今回も上演されました。
最近は観世の定期も2番になってしまいましたが、昔の定期は3番の能が上演されていました。3番だからこそ分かること、組み合わせの妙というものがありました。その曲の詞章だけを何回読んでいても分からない事柄が、他の曲を見ているうちに分かる、というような不思議な体験がたびたびあったのです。
今回、『鷺』と『合浦』は、「捕まえた動物を放してやる」という内容だったわけですが、『熊野』だって「自分が拘束していた女を自由にしてやる」という点で共通性があるなあと思ったのです。
『熊野』ってどこか物悲しい話だと思っていましたが、けっこう晴れやかな能なのかもしれないと新鮮に感じました。それも、このような番組だったからこそ感じたことでした。

ところで『鷺』という曲は、「鷺を五位に叙してやる」という内容だと思い込んでいたのですが、それはあくまでもオマケで、「六位の蔵人を五位に叙す」という話だったんですね。
鷺は人間が近づいていったら100%飛んで逃げますよね。それを捕まえた蔵人はすごい人ですね。
って言うかそんな無理な注文をよく部下に命令しますよね・・・。
「誰にても取りて参れ(誰でもいいから取ってこい)」
それを言われたのは大臣なのだけれど、大臣は自分ではやらない。
ワキツレがやたら大勢出ているのだけれど、一番下っ端の六位の蔵人がやる羽目になるんですね。誰でもいいことは蔵人が。
「様々の御咸のあまり爵を賜び」
王はそれを見て何を感じたのだろう?
鷺を取ってこなければならない蔵人の悲哀を感じただろうか?

『合浦』を見ていて、この曲に登場する鮫人は、もともと女の子という設定なのかなと思いました。「我妹子が」「龍女は如意の宝珠を」という詞章からも、そう感じられます。和歌さんの初シテにぴったりの曲でしたね。

なぜ王は鷺を捕まえようと思ったのか。
なぜ人は生き物を捕まえようと思うのか。
その執着と権力について、思いをめぐらす公演でした。

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ