つぶやき

2019年4月15日 (月)

ベルベットなイースター

能の謡は丁寧な解説本が出ていますが、歌舞伎や文楽はそのような解説が少なくて、意味の分からない部分がたくさんあるものです。
年を取って、分からなかったところが分かるようになる、という嬉しい体験もありましたが、「誰か教えてくれたらいいのに」とか、「いっそ作者に直接質問できたら良かったのに」なんて思う時もあります。

しかし、たとえ作者と同時代に生きていたとしても、質問するチャンスはなさそうな気がするし、そのような好機があったとしても、作者は教えてくれないんじゃないかなという気もする。

私は現在47歳ですが、高校1年の時からユーミンの歌をよく聞くのです。ずっと「ベルベット・イースター」の意味が分からなかった。せっかく同時代に生きているのだし、ユーミンに直接質問できたらいいのにと思うのですが、ユーミンと話す機会って、ないじゃないですか。(才覚があったら自分でチャンスを作り出せるものなのでしょうか?)

ユーミンは『ルージュの伝言』という本を出したことがあって、そこにこう書かれています。

七九年の七月に『OLIVE』が出て、十二月に『悲しいほどお天気』。これ、いいタイトルでしょう。好きなの、自分でも『OLIVE』はジャケットが気に入ってて『悲しいほどお天気』はタイトルが気に入ってるの。どういう意味ですかって、つくったころはよく聞かれたんだけど、答えられないよね。どういう意味ですかって聞くような記者って、記者やってらんないんじゃないかって思うよ。それぐらいいちいち聞くんだよね。(p.177)
『ルージュの伝言』松任谷由実:著

この本はたしか高校生の頃に読んで、歌の意味というのは自分で考えなくてはいけないのだなと思いました。「悲しいほどお天気って、どういう意味ですか」なんて聞く人は馬鹿じゃないかって私も思ったからです。

自分の考えと、作者が詞を書いた時の想いとが違っていても仕方ないではありませんか。だって別の人間だもの。

「ベルベット・イースター」は、ただ待っているだけでは永遠に意味が分からないと思う。もっと能動的にならないと。

「ベルベット」というのは、布の種類を表す言葉ですよね。そこから「なめらかな」という意味で使われることもあります。
この歌の中でベルベットが使われる可能性としては、カーテンや毛布が考えられます。カーテンは主人公の部屋を包むものだし、毛布だとすれば主人公自身を包むもの。いずれにしても、こういうことではないでしょうか。イエス・キリストは死んだ3日後に石棺(せきかん、せっかん、石のひつぎのこと)の中から復活したけれど、この主人公はベルベットの中から復活したわけです。と言っても、もちろんこの主人公が死んでいたわけではありません。まるで死んでいるみたいだなってずっと思っていたのです。けれどある時、自分が生きている意義みたいなものが自分で分かったわけ。つまり「セカンド・バースデイ」ということですね。

毎年1回やってくる復活祭とは別の、自分だけの復活祭を、自分で名付けたのでしょう。

イエス・キリストには「復活」の前に「受難」の苦しみがあり、この主人公にもきっと苦しみがあっただろうと思うのですが、ユーミンにとってその苦しみは「過ぎ去ったもの」であり、描きたいのは「ラー、ラララ」と歌いながら出かけて行く朝の景色なのであり、だから「その景色への行き方」は、聞いている人が自分自身で考えないと永遠に分からない。

2019年4月14日 (日)

あれこれ

このブログはニフティの「ココログ」というのを使って書いているのですが、最近、管理画面がリニューアルされたんです。
なぜか、コメントが反映されないことがあるんですよね~。遅れて表示されたり。
以前は出来ていたことが、出来なくなったり・・・。
どこが良くなったのか私には分からないし・・・。
リニューアルして前より悪くなるというのは、どういうことなんでしょうね?
前のままだとなぜ駄目なのでしょう?

選挙カーで名前を連呼して回る候補者には絶対に投票しない。無能そうだから。
(名前をメモしておく、その人に投票しないために)

今日は新国立劇場でオペラ「フィレンツェの悲劇/ジャンニ・スキッキ」を見てきました。
ジャンニ・スキッキ役のカルロス・アルバレスが素晴らしかった~。
まさに名人芸という感じでした。拍手も1人だけ盛大に受けていました。
巨大なテーブルの上で物語が展開するという設定は、去年の藤原歌劇団でも見かけましたが、流行っているのでしょうか?私が初めて見たのは、2002年ブレゲンツ湖上音楽祭の「ラ・ボエーム」でしたかねえ。



2019年4月13日 (土)

清水次郎長伝

玉川太福さんの3日間連続公演『清水次郎長伝』に行ってきました。(4月9~11日、日本橋社会教育会館)

浪曲で一番有名な作品と言えば、やはり清水次郎長でしょう。開演前のアナウンスでは「しみずじろちょうでん」と言っていましたし、太福さんも「しみずじろちょう」と言っていましたが、私はずっと「しみずのじろちょう」だと思っていました。「清水」というのは姓ではなく、地名ですよね。「八王子のおじさん」なんて言うのと同じかなと思っていたのです。でも、どちらでもいいのかもしれない。よく分からない。

すごく長い話で、ダイジェストで3日間やったけれど、全然終わらない。まだ続くのだそうな。「バカは死ななきゃ直らない」が聞けたのは嬉しかった。このフレーズに節が付くと本当にすごいパワーだ。しかし一番有名な「旅行けば駿河の道に茶の香り」は出てこなかった。ひょっとして聞き逃した?2日目の前半はけっこう寝そうになってしまった。話が全然頭に入ってこなくて…。しかし2日目の後半が一番面白かったなあ。

3日間の『清水次郎長伝』で、客の入りはキャパ204席に対し3分の1くらいでしたかねえ。こんなに面白いのに、どうしてもっと入らないんですかねえ?

3日間、浪曲を聞きにいくので定時で帰ります、と職場で宣言したら、浪曲を知らないと言われた…。

しかし最近、浪曲協会には8人の新入りがあったんだそうです。(10日もしないうちに1人やめてしまったそうですが)

ちなみに文楽の研修には今年度3人が入ってきました。

芸能の行く末は誰にも分からない。


2019年4月10日 (水)

カルロス・ゴーンという男

よく分からないですよね~、カルロス・ゴーン。なぜ、あのような高額の報酬が1人の人間に対して支払われるのか、本当に不思議じゃないですか。別に、その分を自分で稼いだわけじゃないでしょう。

私は大学4年の卒業旅行の際にヴェルサイユ宮殿へ行ったのですが、その豪奢な建物や庭を見て、これはルイ16世が処刑されたのも無理はないわいと思ったものでした。庶民の血と涙で建てたわけでしょう。ルイ16世は自分が悪いことをしたなんて全然思っていなかったでしょうけれど、制度自体がおかしいのであり、そのおかしな制度に乗っかっていたことで彼は命を落としたのではないでしょうか?

ルキノ・ヴィスコンティ監督に「ルートヴィヒ」という長い映画があります。私が見たのはかなり昔で、もう内容もほとんど忘れてしまいましたが、狂ったドイツの王様ルートヴィヒの建てたノイシュヴァンシュタイン城のあまりの豪華さに、ロミー・シュナイダーが馬鹿笑いをする場面があったと記憶しています。「馬鹿じゃないの?」という感じで美女が馬鹿笑い。だってお金の使い方がおかしいんだもの。印象深い場面でした。

多くの人から搾取して、それがある沸点を超えると、突然しっぺ返しを食らう仕組みになっているのではないかと思うのですが、どうでしょう?

2019年4月 6日 (土)

よもやま

明日はいよいよ、5月文楽公演の一般発売日です。
『妹背山婦女庭訓』を通しで見られる貴重な機会を逃さないでくださいね。
とにかく、ぜひ通しで見ていただきたいのです。

昔は、通し狂言の場合は「第一部・第二部のセット割引」があったと思うんですけど、そういうのはもうやらないんですかねえ。両方見る人のために先行発売があってもいいのに。

あぜくら会は、郵送で申し込める便利な先行発売があったのに、それもやらなくなっちゃったでしょう。
国立劇場のサービスは、どんどん低下していく感じ・・・。

昔は、歌舞伎公演の時にロビーで資料展示を行っていました。演目に関係した錦絵とか舞台写真とかが展示されていて、私は休憩時間に見ていたんです。やらなくなっちゃいましたね。
展示室での資料展示も、昔はもっと充実していました。代々の市川團十郎の資料展や、花柳章太郎の資料展が特に記憶に残っています。無料配布のカラー図録も出していた。

今の展示は本当に小規模になりましたねえ。
展示の中心は錦絵であるのにもかかわらず、左から右へ進んでいく形式になっているのが致命的。
資料も見づらい感じ。

まあ毎年1%ずつ運営費が減っているのですから、仕方ありませんけれども。

国立劇場のチケットシステムが新しくなったんですねえ。
やっと世間並になったと言いますか、前のシステムは文楽発売日にほぼ毎回1時間くらいダウンしてましたから、商機を大きく逃していたと思うんですよね。(1時間つながらなかったら普通の人は諦めますよね?)
前と比べて不便になった部分もあるかもしれませんが、世間並でいいと思うんですよね。

でも発売日がよく分からなくなりましたよね。
「発売カレンダー」とか公式ホームページに出してほしいですよね。
だいたいホームページに情報が載るのが遅すぎなんですよね。
1年分の文楽公演の日程とか、ホームページに出してほしいわけなんです。
決まっているのになぜ出さないのか、前から不思議なんですよね。
情報掲載が直前すぎると思うんです。
演目が決まっていなくても先に日程だけでも知りたいわけなのです。
(私は関係者だから知ってますけど)
先に別の予定がどんどん入っちゃうんですから。

2019年3月31日 (日)

国立演芸場

国立演芸場が今年で開場から40年経つのだそうです。
正式名称は「国立演芸資料館」と言う。
金馬さんや柳昇さんや貞鳳さんが設立に尽力したのだそうです。
「作ってほしい」という運動をした人がいたのです。
そうすると「なぜ国が演芸場を運営しなければいけないのか?」という反対論とか慎重論が出て、「国立演芸場」という名目では通らなかったわけなんですね。「国立演芸資料館」なら通ったんでしょう。(私はそのように聞いております)
都内には先に落語の定席が4軒ありましたから、よく設立されたなあと思います。
「民間で出来ることは国はやらない」って、ずっと言われていますから。
国立能楽堂や国立文楽劇場より先に建ったのがすごいと思う。
でも複雑な舞台機構とか必要ないですし、あまりお金がかかっていないと思う。

出来た当初、ビートたけしさんが怒っていた。国立劇場の裏手になんか建てやがって、って。演芸を馬鹿にしてるって。
確かに設計がひどい感じがする。

私が平成7年に日本芸術文化振興会に就職した時、最初に配属されたのが国立演芸場でした。
歌舞伎や文楽が好きだと言って就職しているのに、なぜ演芸場に配属なのかと思ってガッカリしました。
その後、演芸に夢中になっていた時期もあった。
いま、演芸熱がちょっと回帰している感じ。

就職する前から国立劇場には何度も行っていたのですが、国立演芸場には一度も入ったことがなかった。建物の前は何度も通ったけれど、入っていはいけない雰囲気だったから。
建物の前を何度も通っても、興味がなければ入らないと思う。
たとえば毎日皇居マラソンをしていて、国立劇場を毎日眺めている人でも、興味がなければ中には入らないと思う。

国立演芸場の1階は、チケットを持っていなくても入れるのです。
正式には演芸資料館なので、資料展示室があって、演芸関係の資料を展示しています。タダで入れます。
でも入る人はあまりいないと思う。
国立劇場に歌舞伎を見に来たお客様とか、国立演芸場には寄らないと思う。
入りづらい雰囲気の建物だから。何もアピールしていませんし。

昔は1階に図書閲覧室がありました。演芸資料館なので。
でも今はありません。お金がなくて維持できなくなったんですね。
(演芸関係の図書は、伝統芸能情報館で閲覧できます)

私が就職する直前まで、ロビーには大きな提灯がぶら下がっていました。それが演芸場らしい雰囲気を醸していたのだと思いますが、なくなってしまいました。

私が働いていた頃は、主催公演では有料のプログラムを販売していましたが、今は無料で配布しています。昔のプログラムは、寄稿があったり似顔絵が載っていたりしました。それだけのパワーがあったんですね。

国の演芸場ということで、しがらみがないので、立川流や圓楽一門も出演します。
それから上方の人も出ますね。予算的になかなか呼べないみたいですけど。

談志師匠は国立演芸場で独演会をしていましたね。貸し劇場ですけどね。好きな小屋だったんじゃないですか。フラっと公演を見に来ることもありましたねえ。

照明設備とか音響設備は、すごく充実していると思う。そういうものの導入に熱意を燃やした職員がいたから。
そういうことに熱意を持つ人って、少ないんですよね。普通は。仕事が増えるわけですから。

小屋のサイズは、演芸にはベストという感じがする。
建物の周辺の寂しい雰囲気が寂しい。

国立劇場の運営について、なぜ国が歌舞伎の公演をしなくてはいけないのか?ということは、もうずっと言われ続けているのですが、国立演芸場の運営について疑問が呈されるのはこれまで聞いたことがないですね。

2019年3月 5日 (火)

『天保水滸伝』バスツアー

『天保水滸伝』のゆかりの地を訪ねるバスツアーに参加してきました。
去年、「赤坂で浪曲」という会で2か月に1度、玉川太福さんが『天保水滸伝』をなさったのですが、公演のあいだに話の流れで急にバスツアーをやることになったのです。
バスツアー。
もう20年くらい前でしょうか、林家たい平さんと温泉に行くバスツアーに参加したことがあります。その時は、行きたいという友人がいたので2人で参加したのですが、今回は1人で参加してきました。「1人じゃ行けない」なんて言っていると、どこにも行けなくなってしまいます。(1人で参加している方も結構いました)
バス1台が満席、46人のツアーでした。

2019年3月3日(日)
8時30分 東京駅出発
・延命寺(繁蔵の墓、平手造酒の碑、勢力富五郎の碑)見学
・諏訪神社(繁蔵建立の野見宿禰碑など)見学
・天保水滸伝遺品館を見学
・割烹旅館・鯉屋で昼食
・旧十一屋にて「笹川の花会」公演(出演:玉川太福・玉川みね子)
・繁蔵最後の地の碑に立ち寄り
・イチゴ狩り体験
・鹿島神宮に参拝
19時頃 東京駅着

東庄町〔とうのしょうまち〕は、「天保水滸伝」「相撲」「イチゴ狩り」「澪つくし(NHK朝ドラ)」などで有名なようでした。観光ガイドのお爺さんたちが「天保水滸伝」の解説をしてくださいました。

遺品館は、浮世絵の複製が展示してあったり、本物と贋物が混ざっている様子でしたが、「十一屋の看板」「平手造酒愛用の槍」「繁蔵の合羽」など、興味深いものがありました。

そして眼目、『天保水滸伝』の「笹川の花会」を、実際に花会が行われた場所で聞くというのは、たいへん感動的な体験でした。(建物は新しくなっているそうですが)
太福さんは、私が初めて聞いた時(平成27年12月)よりも確実に上手くなっていますね。最後の「まず」の調子が低くて終わり方がちょっと尻すぼみな感じだなあといつも思いますけど・・・。例えば三代目の玉川勝太郎さんが「まず」って言うと、会場中が日本晴れといった雰囲気で満たされて、「日本一!」と声を掛けたくなるような華やかさがあったように思いますが、まあ芸風の違いですかねえ。

カメラを持っていくのを忘れてしまったのは痛恨事でした。

バスツアーだったのでバスに乗っている時間が長かったのですが、私のすぐ後ろの席の男性2人(どちらも60代半ば)が初対面ですっかり意気投合したらしく、ずっと演芸やら歌舞伎やら年金やらの話で盛り上がっていました。私はそんなに耳が良くないのですが、大きな声だったからみんな聞こえてしまいました。すごくマニアックな感じで、紙切りの林家正楽さんに自分が注文して切ってもらった作品をスマホの画像でお互いに見せ合ったりしていました。それも1作品じゃなくて、いくつも。「ゆく年くる年」と注文して切ってもらったというのがどんな作品だったのか私も気になったけれど、「見せてください」とは言えませんでした。「これは二楽さんので」とか、ずっと2人で盛り上がっていました。
片方の人が、「東京は見たいものが多すぎる」「チケット取りが大変」と言っていました。しょっちゅう落語とか歌舞伎を見に行っていて、何も見ない日(休館日と言っていた)は月に2日くらいだけだって。1日に何公演もハシゴすることもあって、家族はもう諦めているそうな。
「能狂言」「タカラヅカ」「小劇場」にもはまりかけたけれど、はまらないように注意したって言っていましたね。「そういうのは沼だから」「はまらないようにしないと」って。
沼ね、沼。東京にはいろんな沼がございます。東京だけね。選んでから、はまらないと。

私は今、いろんなジャンルの公演を月に15公演くらい見ていますかねえ。編集企画室で働いていた時は、そんなに見られませんでしたけどね。これから、もう少し減らそうかなと思っているのですが、好きな道なもので、なかなか減らないですね。

国立劇場に就職したら、ずっと芝居の話ばっかりしているのだろうと就職前には想像していたのですが、職員は意外と芝居を見ていないんですね。
何かこう、日本の伝統芸能のために自分が役に立っているという充実感がないんですよねえ。


2019年3月 2日 (土)

アクセス解析(地域別)

このブログはアクセス解析が出来るようになっているのですが、それによると1日あたり100人くらいしか読んでいないんですよ。それでもブログとしては多い部類らしいんですが、あまりに少なくてビックリしてしまう。まあしかし、多かろうと少なかろうと、お金が入ってくるわけでなし、関係ないんですけどね。解析の精度はどの程度なのでしょうかねえ?

訪問者の地域別の割合はこんな感じです。
(昨年4月から今年2月までの解析)
東京都26.9%
神奈川県11.3%
大阪府8.5%
埼玉県5%
愛知県5%
北海道4.2%
静岡県3.5%
兵庫県3%
千葉県2.8%
京都府2.5%
奈良県2.3%
山形県2%

舞台のことばかり書いているので都市部に集中していますが、意外なところからも読まれているんですね・・・。

2019年2月28日 (木)

よもやま

●北方領土はロシアに取られ、沖縄の美しい海はアメリカに捧げ、日本は一体どうなっているのだか?

なぜこの時代にアメリカの基地を拡張しなくてはいけないのか、理由がさっぱり分からない。

そもそも、日本とアメリカはなぜ戦争をしたのでしょうか?日本のアジア侵略を正義の国アメリカが食い止めた、からですか?そのアメリカがなぜいま日本の国土を侵略しているのでしょうか?意味が分からない。

●AIの発達によって4割の職業が不要になる、などと言われます。その一方で、少子化によって日本の労働人口が激減し、外国人労働者がさらに増加する、などとも言われます。余るのか、足りないのか、一体どちらなのでしょうか?
現状のAIなんかあまりにショボすぎて、私の仕事の代わりなどとても出来そうにないけれど。

2019年2月25日 (月)

区別つきますか?

あれは1年ほど前のことでした。
(この記事は1年前に書こうと思ったのですが、書く時間がなかったのです)

当時、私は国立劇場の編集企画室で働いておりました。昔は「編集係」という名称だったと思うのですが、いつからか「編集企画室」となった部署です。係の名前を変えたがる権力者がいるらしく、だんだん覚えにくい名前になっていく傾向があるようです。

同じ係に、就職して1年ほどの新人さんがいました。1年目の人に伝統芸能のプログラムの編集業務をさせるというのも、すごい職場だなあといつも思います。

その新人さんから尋ねられたのです。「柳川さん、長唄と清元って区別つきますか?」って。その方は、実際に聞いてみて、区別がつかなったそうなんです。
見分け方として、よく「肩衣の色が違う」とか「見台が違う」などと言われますが、新人さんが知りたいのはそういうことではなく、あくまでも音楽としての違いが分からなかったということなのです。
・長唄は「唄い物」、清元は「語り物」であり、「語り物」にはストーリーがある
・清元のほうが全体的に声域が高い
・三味線の音色が明確に違う
などと説明しましたが、聞いて分からなかったものは仕方がない・・・。

私が歌舞伎を見始めた頃は、歌舞伎で演奏される音楽について、大学のサークル(歌舞伎研究会)の先輩が説明してくれましたし、「この演目で使われる音楽は●●」というように演目とセットで自然に覚えていきました。第一、その頃は志寿太夫さんが活躍していたのですから、清元と言えば志寿太夫であり、間違えようがなかったのです。

このあいだ、就職して10年くらい経つ方から「義太夫と長唄の区別がよく分からない」と言われて、非常に驚きました。

「清元節」「常磐津節」「義太夫節」というように、語り物には名称の後ろに「節」が付きますけれども、この「節」というのが何なのか考えてみますと、「真っ直ぐでない」という意味ではないでしょうか。竹で言えば、真っ直ぐなところと、曲がっているところがあり、曲がっているところが「節」です。つまり、語り物は旋律がくねくね曲がっているわけです。

日本の音曲には楽譜がありません。三味線には譜がありますけれども、声には楽譜がない。楽譜に書き起こせないくらいに複雑だからだと思います。浪花節の形容で「まるでチョウチョが舞うような」というのを聞いたことがありますが、予測できないくらいヒラヒラと細かく変化し続けて、音を「点から点」で表現しているのではないので採譜できないのです。

竹本住太夫師匠が、よく「私は不器用で、覚えが悪くて」と仰っていました。楽譜に書けないくらい複雑なものを、耳で聞いて全部覚えなくてはいけないわけです。

鶴澤清介師匠にインタビューをさせていただいたことがあるのですが、最近の若い太夫の浄瑠璃は唱歌みたいだと仰っていました。手本を手本のとおりに聞き取る能力がないのだそうです。頭の中で勝手に簡略化してしまう。まるで音符から音符へと辿っていくように簡略化。

つまり、聞き取るだけのことでも、能力が必要とされるわけです。能力がないと聞き取れないのです。

現代人は先に西洋音楽に接するので、音楽というのは点と点をつないでゆくものだと思い込んでいるのではないでしょうか。西洋音楽では、1つの音符から次の音符へ移る時は基本的に「レガート(滑らかにつなぐ)」であり、他のつなぎ方には、たかだか「ポルタメント」「ポルタート」「グリッサンド」「スタッカート」くらいの変化しかありません。

百年に一度の声と言われた伝説のオペラ歌手マリア・カラスは、
ベルカントとは歌い方です。それは訓練であり、歌う方法、歌へのアプローチです。単に音に触れるだけでは絶対にいけません。例えば、レガートとは「すべること」ではなくて、レガートなのです。レガート、ポルタート、ポルタメント等には区別があり、数千の表現があります。何年も声をコントロールして、そうしたことができるようにする。ベルカントとはまさしく訓練なのです。
と言っています。音符に書かれていないことを表現できたことで、マリア・カラスは歴史に名を残したのだと思います。(「単に音に触れるだけ」とは、「楽譜に書かれたとおりに歌っているだけ」という意味でしょう)
そして、ベルカントについて説明する時、音と音とのつなぎ方について言及している点がたいへん興味深いところです。

昔は歌謡曲にさえ節があったものですが、日本の音曲からだんだん節が消えてきているように感じます。人間業とは思われない、まるで魔法を聞いているような声の魅力が。特徴がなくなってきたと言うのでしょうか。

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ